企業名

ミヤコ< 3424 >

本社所在地

〒530-0043 大阪市北区天満1-6-7

会社情報HP

http://www.fancs.com/company/index.htm

設立

1951年1月20日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

金属製品

同業他社

ビルト工業<1971>、ケー・エフ・シー<3420>

沿革

昭和21年
5月京都市東山区において共栄工業所の名称で創業。 バルブ・コック及び水道器具の販売を開始

昭和45年 4月
商号をミヤコ株式会社に改称。平成12年 6月
日本証券業協会(現 東京証券取引所ジャスダック)に株式を店頭登録(現 上場)。

平成14年 3月
管工機材製品の設計及び調達管理においてISO9001認証取得。

平成15年 6月
代表取締役社長に束田勝 就任。

平成21年10月
洗濯機排水トラップ MB44PTKがGOOD DESIGN賞を受賞。

事業内容

創業から半世紀以上にわたる着実な歩みの中、MIYAKOは、バルブ、シャワー、排水トラップ等の給排水器具や、継手、バンド、シール材等の配管部材など、水まわりに特化した分野で専門性を追求。「水まわりはミヤコブランド」といわれるまでのクオリティーとバリューを確立。経営資源を研究開発部門へ集中化させるべくMIYAKOでは、自社製品の製造を外部協力会社に委託するファブレス体制を敷いている。これにより、生み出す製品は市場に対する提案性が高く、競合他社に対する強い競争力を発揮。専門性を追求すると同時に、その特化した分野で可能な限り幅広い製品ラインナップを実現。MIYAKOは、水まわりアイテムをトータルで提案。

事業リスク

① 新設住宅着工・民間設備投資の動向について

主要取扱品目である給排水器具等は住宅・非住宅の水廻りに関連した資材であるため、新設住宅着工・民間設備投資の動向により当該品目の売上が影響を受ける傾向があり、増改築向けの製品の開発やホームセンター等新規ルートへの販売強化により影響の低減に努めておりますが、新設住宅着工等の低迷が経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

② 原材料市況の動向について

原材料市況の動向により製品原価が上昇した場合、販売先・競合他社との兼ね合いにより、販売価格への転嫁の状況次第によっては、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

③ 競合について

自社ブランド製品の開発・販売、地域密着型営業展開、施工業者への総合カタログの配布等により、管工機材業界での認知度及び競争力の維持・向上に努めておりますが、同業他社による新製品の市場投入に伴う既存製品の値引販売や新規事業者の市場参入、また、汎用製品においては独自性がないことによる同業他社との価格競争等、企業間競争が激化した場合、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

④ 建設業者の信用不安問題等について

管工機材業界は、建設業界に対して建設設備資材を供給しているため、建設業者等の信用不安問題や建設業界の不況等により当業界は影響を受ける傾向にある。取引先に対する与信管理の強化、信用情報の日常的把握に努めており、また、建設業者との直接の取引はありませんが、販売先である管工機材販売店を通して間接的に影響を受ける可能性がある。

主力サービス

① 水まわり設備部材研究開発事業

「洗濯機排水部材」・「キッチン配管部材」

② 水まわり設備部材製造開発事業

カタログ販売「ミヤコeカタログ」