企業名

JXホールディングス< 5020 >

本社所在地

〒100-0004 東京都千代田区大手町2-6-3

会社情報HP

http://www.hd.jx-group.co.jp/

設立

2010年4月1日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

石油・石炭製品

同業他社

出光興産<5019>コスモ石油<5007>

沿革

2010年
4月設立により、新日本石油株式会社及び新日鉱ホールディングス株式会社が完全子会社となる。普通株式を東京証券取引所、大阪証券取引所及び名古屋証券取引所に上場。

2011年
3月日鉱日石エネルギー株式会社が吸収分割により同社のLPガス事業のうち旧新日本石油株式会社及びその子会社が営んでいたLPガス事業と三井丸紅液化ガス株式会社のLPガス事業とを統合させ、統合新子会社となるENEOSグローブ株式会社を組成。

事業内容

エネルギー事業、石油・天然ガス開発事業、金属事業を行う子会社およびグループ会社の経営管理ならびにこれに付帯する業務を行っている。

事業リスク

①原料供給源に関するカントリーリスク

原料の多くを海外から調達しており、特に、原油は中東の、銅精鉱は南アメリカ、東南アジア及びオーストラリアの、それぞれ限られた供給源にほぼすべてを依存している。こうした国、地域における政治不安、社会混乱、経済情勢の悪化、法令・政策の変更等のカントリーリスクにより、業績が影響を受ける可能性あり。

②中国その他アジア諸国における事業に関するリスク

電気銅、石油化学製品、電材加工製品等の販売は中国その他アジア諸国での需要に大きく依存しており、また、これらの地域での更なる事業拡大している。 何らかの事由により、これらの地域における需要の減退等が生じた場合には、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性あり。

③外国為替相場の変動に関するリスク

外貨建ての営業取引による収入及び支出が発生しており、また多額の外貨建て資産及び負債を有している。そのため、外国為替相場の変動は、資産、負債、収入及び支出の円貨換算額に影響を及ぼす可能性あり。

主力サービス

①エネルギー事業

・石油の精製及び石油製品の加工・販売並びに石油化学製品等の製造・ 販売
・LPガス製品の販売
・発電及び電力の供給

②石油・天然ガス開発事業

石油・天然ガスの探鉱・開発及び生産

③金属事業

・非鉄金属製品及び電材加工製品の製造・販売並びに非鉄金属リサイクル
・電材加工製品の製造・販売
・チタンの製造・販売

④その他

・道路工事、土木工事及び石油関連設備等の設計・建設
・電線、ケーブルの製造・販売
・不動産の売買、賃貸借及び管理