企業名

ノザワ< 5237 >

本社所在地

〒650-0035 神戸市中央区浪花町15

会社情報HP

http://www.nozawa-kobe.co.jp/

設立

1913年9月28日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

ガラス・土石製品

同業他社

ニチハ<7943>不二サッシ<5940>

沿革

明治30年
野澤幸三郎商店を創立し、外国産石綿盤の輸入を開始した。

昭和44年
ノザワ興産株式会社を設立。

昭和44年
商号を株式会社ノザワに変更。

平成17年
ノザワ商事株式会社を解散し、株式会社六甲スレートは株式会社ノザワ商事へ商号変更。

平成23年
野澤貿易(上海)有限公司を中国上海市に設立。(現連結子会社)。同年、野澤積水好施新型建材(瀋陽)有限公司を積水ハウス株式会社との合弁契約に基づき中国遼寧省瀋陽市に設立(現連結子会社)。

平成24年
4月押出成形セメント板の製造工場完成、操業開始。

事業内容

建築材料関連事業における製品の製造、販売並びに工事の請負、設計、監理を主な事業としているほか、これらに附帯するサービス業務等を営む。

事業リスク

①景気変動について

主力製品の押出成形セメント製品は、公共投資・民間設備投資及び新設住宅着工戸数等の影響を強く受ける。公共投資の動向は、公共機関の政策によって決定され安定的に推移するとは限らない。また、経済環境が悪化し民間設備投資・住宅投資が減少した場合、業績に影響を及ぼす可能性がある。

② (2)海外情勢について

海外に拠点を置く連結子会社を有しており、当該国の政治経済環境の大幅な変化、法律改正等予期しえない事象が発生した場合、その結果が業績に影響を及ぼす可能性がある。

③金利変動について

運転資金及び設備投資資金として自己資金及び借入にて調達を行っている。財務体質の改善を積極的に進め、有利子負債の圧縮に努めているが、今後の金融政策に伴い金利が上昇した場合、経営成績及び財務状態に影響を及ぼす可能性がある。

④為替変動について

連結財務諸表作成のため、在外連結子会社の財務諸表を円貨に換算しており、外国為替相場の変動を受け、業績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤原材料価格について

当社製品の主な原料はセメントであり、また製造工程上、灯油・潤滑油等を使用している。国内の景気回復による設備投資等の増加と相まって、原油価格の高騰による灯油・原材料価格及び輸送コストも含め全般的に価格が上昇し、業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①一般建築向け商品

アスロック、アルカス、スレート・ボード、アレスト、アスロックS-line、ハイパート外断熱工法、コーベックスなど

②住宅向け商品

軽量外壁材、階段・廊下用部材、高性能遮音床

③土木向け商品

ノザワライトバンキング(NLB)、アスロック遮音壁、トンネル内装用パネル

④農業向け商品

ミネラル肥料マインマグシリーズ

⑤改修工事

スレートリフレッシュ工事、アスベスト除去工事