企業名

黒崎播磨< 5352 >

本社所在地

〒806-8586 北九州市八幡西区東浜町1−1

会社情報HP

http://www.krosaki.co.jp/

設立

1918年10月

上場市場

東証1部,福岡

決算

3月

業種

ガラス・土石製品

同業他社

品川リフラクトリーズ<5351>TYK<5363>

沿革

1916年
設立。

2005年
秦皇島首鋼黒崎耐火材料有限公司を設立。

2007年
㈱SNリフラテクチュア東海を子会社化。

2009年
新日本サーマルセラミックス㈱を持分法適用関連会社化。

2009年
Krosakiharima Europe B.V.を設立。

2010年
㈱K&K、黒崎機工㈱、黒崎産業㈱が合併。商号を黒崎播磨セラコーポ㈱に変更。

2010年
ファインセラミックスに関する共同事業を単独事業化。

2010年
Krosaki Magnesita Refractories LLCを設立。

2011年
TATA REFRACTORIES LIMITED(現TRL KROSAKI REFRACTORIES LIMITED)を子会社化。

2012年
有明マテリアル㈱を子会社化。

2012年
九州耐火煉瓦㈱と合併。

事業内容

本社、連結子会社10社、持分法適用会社3社で構成され、耐火物製品の製造販売、各種窯炉の設計施工及び築造修理、ファインセラミックス製品の製造販売及び景観材の販売、店舗・倉庫等の賃貸及び製鉄所向け石灰の製造販売を営んでいる。

事業リスク

①原料・燃料価格等の変動リスク

主力製品である耐火物につき原料を主に中国から輸入し、かつ同国で製造された耐火物を調達品として相当量を輸入している。また、主力製品である耐火物の一部で焼成用燃料として重油を使用しているため、これらの価格の変動により業績に悪影響がでる可能性がある。

②為替相場の変動リスク

中国・スペイン・アメリカ・インドでの製品の生産、世界各国での耐火物等の販売及び中国他からの耐火物原料・商品等の購入を行っているため、為替レートの変動次第で業績が悪化する可能性がある。

主力サービス

①耐火物事業

耐火物の製造・販売

②ファーネス事業

各種窯炉の設計施行及び築造修理

③その他事業

・ファインセラミックス製品の製造販売
・製鉄所向け石灰の製造販売等 ・店舗・倉庫等の賃貸