企業名

菊地製作所< 3444 >

本社所在地

〒192-0152 東京都八王子市美山町2161-21

会社情報HP

http://www.kikuchiseisakusho.co.jp/

設立

1976年3月23日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

4月

業種

金属製品

同業他社

山王<3441>、天龍製鋸<5945>

沿革

昭和45年 4月
精密板金加工、金型製作、試作業等を行うことを目的として東京都八王子市で業務を開始。

昭和51年 3月
株式会社菊池製作所設立。

平成21年 4月
菊池ヘルスクリエイト(株)、(株)レーザーアンドマシンを吸収合併。

平成22年 4月
アルミホットダイカスト事業を吸収分割により獲得。

平成23年10月
大阪証券取引所 JASDAQ市場(スタンダード)に株式を上場。

平成24年 4月
本社第三工場新棟開設。

平成24年11月
川内工場新棟開設。

平成25年8月
医療機器製造業許可取得(一般) 許可番号13BZ200724。

平成25年12月
(株)イノフィスを設立。

事業内容

お客様のご要望やアイデアを具現化するための技術支援を行うこと。1970年の創業から三十数年、開発・設計から金型製作、試作、評価、量産に至るまでの「一括・一貫体制」を確立し、ありとあらゆる分野の新製品開発をサポートしてきた『総合ものづくり支援企業』。私たちは「時代がどんなに変わろうとも、日本の社会を支える土台はものづくりである」という信念の下、これからも日本発の「ものづくり」にこだわり、多種多様な製品に対応できる技術力。持てる技術を最大限に引き出す設備力。そして、長年培ってきた知識とノウハウに裏打ちされた提案力。三つの強みを活かしながら、お客様の強力なブレーンとしてのさらなる信頼を獲得していきたいと考えている。

事業リスク

① 市場環境の変化について

顧客は、携帯電話、デジタルカメラ等の情報通信機器、精密電子機器、並びに事務機器メーカー及び自動車部品メーカーであり、開発試作モデルの設計から金型製造及び機構・内装部品等の製造、並びに量産製品の製造を受注している。従いまして、経営成績及び財政状態は、取引先の新製品開発計画、モデルチェンジの周期、開発予算及び市場動向に影響を受ける可能性がある。

② 機密保持について

顧客の新製品の開発や研究等、高度な機密情報を数多く取扱っており、機密情報の管理は経営の重要な課題と認識している。このため「情報管理規程」を制定し、社内研修の実施、社内入出管理、作業指定区域の指定、データ・図面・製品・仕掛品・文書等の管理を行い、全従業員及び外注先に対する機密保持誓約書の徴求を行うなどして、制度・管理の両面において機密保持に関する十分な注意を払っている。しかしながら、万一機密情報が外部へ流失した場合、信用失墜に伴う受注減少や賠償責任の発生等により経営成績及び財政状態に影響が及ぶ可能性がある。

③ 製品の品質について

顧客と合意した仕様(寸法、材料、加工方法)を満たすものか否かにつき充分な検査を実施したうえで、製品を出荷する。さらに、当社製造過程の過失により製品欠陥が発生した場合に備え、製造物責任賠償保険に加入している。しかしながら、製品欠陥が生じた場合は、当該保険範囲を超過した賠償請求の発生および信用失墜によって、経営成績及び財政状態に影響が及ぶ可能性がある。

④ 納期について

試作・金型事業では、顧客の試験研究・新規開発に使用される試作品を製造しているため、開発競争の激化による新製品開発サイクルの短期化等の要因により、従来にも増して短納期化が求められている状況である。納期を厳守するために製造管理をしておりますが、納期遅延が発生した場合には、継続的な受注が確保出来なくなるおそれもあり、この結果経営成績及び財政状態に影響が及ぶ可能性がある。

主力サービス

① 金型製作事業

事務機器、通信機器、カメラ等の内外装部品向け金型

② その他事業

・各種金型設計・製作・販売業務
・工作機械の設計、製作、販売等