企業名

エコナックホールディングス< 3521 >

本社所在地

〒107-0062東京都港区南青山7-8-4高樹ハイツ

会社情報HP

http://www.econach.co.jp/

設立

1926年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

不動産業

同業他社

東武住販<3297>、 ムゲンエステート<3299>、 AMBITION<3300>

沿革

1926年11月
岩井盛次が京都市中京区西ノ京春日町16番地において、日本レース(株)を設立。

1949年05月
京都証券取引所に上場

1949年06月
東京証券取引所に上場

1950年11月
大阪証券取引所に上場

事業内容

エコナックホールディングス株式会社グループは、エコナックホールディングス株式会社と、子会社4社(平成26年03月31日現在)により構成され、不動産の売買・賃貸、刺繍レースの企画・販売、化粧品・医薬部外品等の製造・販売及びゴルフ場の経営を中心として事業活動を展開している。

事業リスク

①製造物責任について

グループは、所定の品質管理基準を遵守し化粧品等の製品を国内で生産しており、製造物賠償責任保険にも加入しているが、予測できない原因により製品事故が発生した場合、賠償等多額の費用負担によりグループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

②消費者ニーズの変化について

グループの繊維事業については、主にアパレルメーカーや繊維商社等からの受注を行っているため、個人消費の動向やファッションの流れにより受注量に影響を受ける可能性があり、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

③顧客企業の業績変動に伴うリスクについて

グループの化粧品事業の売上については、そのほとんどをOEM受注により確保されており、顧客企業の業績変動による発注量の減少に伴い収益が変動する可能性がある。

④自然災害等の影響について

グループの化粧品事業については、生産量のほとんどを子会社が運営する製造工場に依存しており、一方、不動産事業においては駐車場施設の運営 管理や賃貸ビルによるテナント収入を得ており、これら施設は定期的な検査等保全策を実施しているが、地震等の自然災害や火災あるいはテロなどの不法行 為により、建物及び製造設備に被害を被った場合は、グループの業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

⑤新規事業について

グループは、収益力のある新規事業の導入、業務提携あるいは企業買収などにより、業容の拡大を図っていくが、これらの展開状況がグループの業績等に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

不動産20%、繊維11%、化粧品31%、ゴルフ場37%