企業名

東海染工< 3577 >

本社所在地

〒451-6008名古屋市西区牛島町6-1名古屋ルーセントタワー

会社情報HP

http://www.tokai-senko.co.jp/

設立

1941年3月

上場市場

東証1部 名証1部

決算

3月

業種

繊維製品

同業他社

東洋クロス<3552>、 セーレン<3569>、 ソトー<3571>

沿革

1941年03月
名古屋市内に綿織物の染工加工を目的として東海染工株式会社を設立

1961年10月
名古屋証券取引所市場第二部に上場

1962年11月
大阪証券取引所市場第二部に上場

1971年02月
東京証券取引所市場第二部に上場

1986年02月
東京・大阪・名古屋証券取引所市場第一部に上場

事業内容

東海染工株式会社グループは、東海染工株式会社と子会社7社及び関連会社1社(平成26年03月31日現在)により構成され、各種繊維製品の加工販売を主な内容とし、さらにその業務に付随する研究及びその他のサービス等の事業活動を展開している。

事業リスク

① 季節による変動

秋冬素材への取り組みの強化を図る一方で、春夏主体となる経営成績は、グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

② 流行・トレンドによる影響

消費者嗜好による流行トレンドの影響は、グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

③ 海外取引

海外各国の政治体制の変動や経済情勢、法規則、紛争及び伝染病の流行など、不測の事態事態が生じた場合は、グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

④ 為替変動

想定外の為替変動が発生した場合は、グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤ 重油価格の変動

重油価格の高騰が進んだ場合は、グループの事業展開、財政状態及び経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

染色加工78%、縫製品販売10%、保育サービス11%、倉庫0%、他1%