企業名

森永乳業株式会社< 2264 >

本社所在地

〒108-8384 東京都港区芝5丁目33番1号

会社情報HP

http://www.morinagamilk.co.jp/

設立

1949年4月13日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食料品

同業他社

日本水産<1332> 伊藤忠食品<2692> 加藤産業<9869>

沿革

大正6年
日本煉乳株式会社設立。


平成18年
神戸工場が稼動。大野晃会長が旭日中綬章を受章。


平成20年
別海工場チーズ新棟が稼動。


平成22年
「風味良好な低抗原蛋白分解物の工業的製造法の開発」により文部 科学大臣賞を受賞。

事業内容

牛乳、乳製品、アイスクリーム、飲料その他の食品等の製造、販売

事業リスク

①酪農乳業界について

当社グループが生産する牛乳・乳製品には、国内農業の保護を目的とした関 税制度が設けられておりますが、WTO、TPP、FTA農業交渉の結果いかんによ って関税制度に大幅な変更があれば、当社グループの業績および財政状態に大 きく影響する可能性があります。当社グループが生産する乳製品の原料である 生乳の生産者に対しては「加工原料乳生産者補給金等暫定措置法」に基づく補 給金が支払われており、将来において同法律が大幅に変更もしくは廃止され、補給金の水準が変化する場合は、当社グループの原料購入価格が影響を受ける 可能性があります。

②食品の安全について

当社グループの製品製造にあたっては、法律よりも厳しい独自の品質管理基 準を適用し、食品の安全性や品質の確保に万全を期しておりますが、大規模な 回収や製造物責任賠償につながるような不測の製品事故などの発生は、当社グ ループの業績および財政状態に重大な影響をおよぼす可能性があります。

③相場・為替レートの影響について

当社グループは、一部の原材料および商品を海外から調達していることから 、これらの相場や為替レートの変動により購入価格が影響を受けます。相場の 高騰および為替レートの円安の進行は、原価の上昇要因となり、当社グループ の業績および財政状態に影響をおよぼす可能性があります。

④天候不順について

当社グループのアイスクリーム部門・市乳部門の売上は、天候の影響を受け る可能性があります。特に、冷夏の場合はこれらの部門の売上が減少し、当社 グループの業績および財政状態に影響をおよぼす可能性があります。

⑤天災について

地震などの大規模な自然災害の影響で生産・物流施設等が損害を被ることに より生産が停滞し、復旧のための費用が発生することにより、業績および財政 状態に影響をおよぼす可能性があります。

主力サービス

牛乳類、飲料、ヨーグルト、デザート、アイスクリーム、クリープ・れん乳そ の他食品、チーズ・バター、育児・栄養食品、宅配サービス、健康食品、介護食 、流動食(株式会社クリニコ)、衛生管理用装置(ピュアスター)、検査薬・体 外診断用医薬品