企業名

株式会社コア< 2359 >

本社所在地

〒154-8552 東京都世田谷区三軒茶屋一丁目22番3号

会社情報HP

http://www.core.co.jp/company/company.html

設立

1969年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

情報・通信業

同業他社

クレスコ<4674> さくらケーシーエス<4761>

沿革

昭和44年12月
メーカ系列のない自主独立系ソフトウエア会社をめざし、東京都 千代田区に株式会社システムコア設立(現:株式会社コア)

事業内容

「エンベデッドソリューション事業」「ビジネスソリューション事業」及び「プロダクトソリ ューション事業」の3つの事業セグメントにおいて、約40年にわたり蓄積したIT技術を駆使し、全方位のトータルソリューションを上流から下流まで一気通貫のサービスとして提供していく。

事業リスク

1プロジェクト管理について

受注時には、契約に基づくプロジェクト単位毎に適正利益の確保に努めているが、業務の性質により、受注時に正確な要件・作業工数等の見積りが困難な場合もある。そのため、諸要件の変更、若しくは作業工数及び外注金額等の 変更により、受注時の想定利益額が変動したり、不採算プロジェクトが発生することで、業績に影響を与えることがある。

2人材の確保について

専門的な情報技術や業務知識を有する優秀な人材を確保することが重要となるが、現在の情報サービス業界では人材の獲得競争が激しく、 人材の確保・育成が計画通りに進まない可能性がある。その場合、事業推進に制約を受け、事業及び業績に影響を及ぼす可能性がある。

3 外注生産の活用について

一部の開発について、外注管理基準等に従い業務遂行上必要に応じて協力会社に外注生産することも進めている。この結果、外注比率は高くなっており、協力会社において質・量(技術力及び技術者数)が確保出来な い場合、業績に影響を及ぼす可能性がある。

4情報セキュリティについて

顧客及びグループの情報資産を保護し、セキュリティを保障したサービスを提供するよう努めているが、グループより重要情報の漏洩、破壊、不正 使用があった場合、それに伴う損害賠償責任により、業績や財務状況に 影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

1エンベデッドソリューション事業

携帯電話・通信端末通信インフラ 自動車制御・車載システム 情報家電 FA・装置制御 その他

2ビジネスソリューション事業

金融ソリューション 製造ソリューション 流通ソリューション 公共ソリューション Webソリューション

3プロダクトソリューション事業

資産管理・PLMソリューション 電子テロップ 開発支援ツール その他