企業名

株式会社川金ホールディングス< 5614 >

本社所在地

〒332-0015 埼玉県川口市川口2丁目2番7号

会社情報HP

http://www.kawakinhd.co.jp/company/

設立

平成20年10月1日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

鉄鋼

同業他社

日本精線<5659> 神鋼鋼線工業<5660>

沿革

平成20年
10月、川口金属工業株式会社(現 株式会社川金ビジネスマネジメント)の単独株式移転により会社設立。

事業内容

素形材事業、土木建築機材事業、産業機械事業、不動産賃貸事業

事業リスク

①事業の特徴について

グループの連結売上高のうち、公共事業向け製品の売上が約5割を占めているが(土木建築機材部門)、この部門では政府自治体の予算配分を含めて、公共投資の動向によって業績に影響を受ける可能性がある。

②公共工事向け製品の納入時期について

公共工事の発注は、予算執行の関係上下半期に多くなる傾向があり、これまでの実績では製品の納入時期が特に第4四半期に集中している。そのため、会計年度の上半期と下半期とでは、売上高や損益額に著しい差異が生じる。このような季節的変動要因を軽減するため、受注量に応じた閑散期の人員の配転や繁忙期の派遣採用、上半期への休日振替等を行っている。

③特定顧客への依存度について

素形材事業のうち、射出成型機用鋳鉄品、及び、直動軸受用異型鋼については、特定顧客からの受注に依存している。受注量の長期契約は行っていないため、これら特定顧客の動向によって業績に影響を受ける可能性がある。

④原材料の高騰について

製品製造にあたり、スクラップやニッケル等の鉄原料、鋼材、天然ゴムなどを原材料として購入しているため、これら相場の変動により原材料価格が高騰し、グループの製造原価を押し上げる可能性がある。

⑤製造物責任について

メーカーとして顧客仕様に基づく製品を製造、販売しているが、性能不良や欠陥等の瑕疵担保責任に起因する損害賠償等の負担により業績に影響を受ける可能性がある。また、製造物責任賠償については保険に加入しているが、損害賠償額が保険でカバーしきれない場合は業績に影響を受ける可能性がある。

主力サービス

①素形材事業

鋼材、鋳造品、精密鋳造品の製造販売

②土木建築機材事業

橋梁機材、建築材料の製造販売

③産業機械事業

射出成型機、油圧機器、油圧シリンダーの製造販売

④不動産賃貸事業

不動産の賃貸