企業名

鈴木金属工業株式会社< 5657 >

本社所在地

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9番1号 丸の内中央ビル

会社情報HP

http://www.suzuki-metal.co.jp/outline/index.html

設立

昭和13年05月01日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

鉄鋼

同業他社

東京鐵鋼<5445> 大平洋金属<5541>

沿革

昭和13年(1938年)
5月、当時輸入だけに依存していたピアノ線の国産化を最大の目標として設立。以来、特殊鋼線の総合メーカーとして、信頼性の高い優れた製品をあらゆる分野に提供し、産業界の発展に寄与している。

事業内容

特殊鋼線を材料とした製品の製造・販売

事業リスク

①為替の変動

製品の海外売上高比率は43.6%(平成24年度実績)であり、製品等の輸出及び原料等の輸入において外貨建取引を行っていること等により為替相場の変動が業績に影響を与える可能性がある。 特に、円高が継続する場合には、国内取引先の海外移転による内需の縮小、海外メーカーとの価格競争力低下により、業績に影響を与える可能性がある。 また、海外子会社の財務諸表を連結財務諸表作成のため円換算しておりますが、現地通貨建の項目は換算時の為替レートにより円換算後の価値が影響をうける可能性がある。 その他、Suzuki Garphyttan AB に対する貸付金の評価や、Suzuki Garphyttan ABの子会社及びThai Special Wire Co.,Ltd.に対するのれんの評価において、今後為替の変動が業績に影響を与える可能性がある。

②原材料価格の変動

主材料である線材の他ニッケル等の副資材を購入している。線材メーカーなど購入先と価格交渉にあたるとともに、製品価格の改善などの対策をとっているが、原材料の高騰あるいは下落が業績に影響を与える可能性がある。

③海外事業におけるリスク

海外において生産及び販売活動を行っているが、海外における政治・経済的混乱、疫病・テロといった社会的混乱、法的規制などにより、事業活動が制約される可能性がある。

主力サービス

①特殊鋼線

伸線、鍍金及びより線加工を行い、ピアノ線、鋼線、ステンレス鋼線・その他製品を製造・販売

②その他

不動産賃貸業