企業名

PGMホールディングス<2466>

本社所在地

〒108-0074

会社情報HP

http://www.pacificgolf.co.jp/index.asp

設立

2004年12月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス

同業他社

アコーディア・ゴルフ<2131> リゾートソリューション<5261>

沿革

平成16年12月
パシフィックゴルフグループ株式会社の株式移転により、国際 的戦略を視野にしたグループを統括する持株会社として設立。

平成17年12月
東京証券取引所市場第一部上場。

平成19年12月
パシフィックゴルフグループ株式会社を吸収合併。

平成22年7月
PGMホールディングス株式会社に商号を変更。

平成23年12月
公開買付けにより株式会社平和の子会社となる。

事業内容

持株会社としてグループ会社の株式を保有することにより当該会社の事業活動 の支配・管理を行う当社及び連結対象子会社により構成され、ゴルフ場の保有 と運営を主たる事業とする。この事業に加え、第三者の保有するゴルフ場の運 営受託、霊園とホテルの保有及び運営、並びにサービスエリア内のレストラン 及び売店の運営を行っている。

また、特定上場会社等であり、特定上場会社等に該当することにより、インサ イダー取引規制の重要事実の軽微基準については連結ベースの数値に基づいて 判断することとなる。

事業リスク

1 特定の事業への依存及び諸条件による業績変動リスク

収益のほとんどを特定の事業(ゴルフ場の運営事業)に依存している。ゴルフ 場運営事業の収益の要因となるゴルフ場の来場者数は、一般に、ゴルフスポー ツの人気度のほか、景気動向、気象条件などの影響により増減し、また個々の ゴルフ場の収益は他のゴルフ場との競合(価格など)の影響を受ける。また、 人口構造上の問題である少子高齢化や人口の減少により、将来的にはゴルファ ー年齢構成の変化を通じて、経営成績に影響を与える可能性あり。

2 顧客の需要の変化リスクについて

ゴルフ事業はレジャー産業であり、景気動向や顧客嗜好の変化により大きく左 右される業種と言えます。特に、平成23年に発生した東日本大震災によるレジ ャー自粛ムードの蔓延や、放射能汚染に関連する風評被害等、予測不可能な事 象の発生により今後も影響を受ける可能性あり。 これまで、顧客需要の変化に柔軟に対応してきたが、今後、前述のような様々 な要因をはじめとして、顧客の需要動向に適切に対応できない場合には、財政 状態及び経営成績等に影響を受ける可能性あり。

主力サービス

1 ゴルフ場の保有及び運営

2 第三者の保有するゴルフ場の運営受託

3 霊園とホテルの保有及び運営

4 サービスエリア内のレストラン及び売店の運営