企業名

JFEコンテイナー株式会社< 5907 >

本社所在地

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町一丁目5番15号

会社情報HP

http://www.jfecon.jp/company/profile/

設立

1961年4月25日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

金属製品

同業他社

ネツレン<5976> 東邦チタニウム<5727>

沿革

2003年
4月「川鉄コンテイナー(株)」(1961年日本スチールコンテイナー(株)として設立)と「鋼管ドラム(株)」(1961年設立)の合併により発足。

事業内容

鋼製ドラム缶を中心とした各種容器の製造販売

事業リスク

①経済状況と販売市場環境

鋼製ドラム缶の製造・販売を主力事業としており、主要な向け先は、化学産業・石油産業である。これらの業界の輸出動向も含めた今後の動向が、グループの販売量及び価格に影響を及ぼす。

②資材価格の変動

原材料の価格は、市況により大きく影響を受けるが、グループの主要製品の原材料である鋼材等の価格が高騰した際、これを製品の販売価格に迅速に反映することが困難な場合には、業績に影響を及ぼす場合がある。

③金利の変動

金利変動の影響を受け、業績に影響を及ぼす可能性がある。

④為替変動

関係会社である杰富意金属容器(上海)有限公司、杰富意金属容器(浙江)有限公司及び杰富意金属容器(江蘇)有限公司は、中国上海、浙江省及び江蘇省にて事業を行っているが、為替の変動が、邦貨に換算したグループの業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

⑤退職給付債務

従業員退職給付費用及び債務は、割引率等数理計算上で設定される前提条件や年金資産の期待収益率に基いて算出されている。実際の結果が前提条件と異なる場合、将来期間において認識される費用及び計上される債務に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①ドラム缶事業

鋼製ドラム缶(200ℓ)、ステンレスドラム缶、中小型ドラム缶(20ℓ~155ℓ)ほか

②高圧ガス容器事業

アルミ・カーボンFRP容器