企業名

駒井ハルテック< 5915 >

本社所在地

〒110‐8547 東京都台東区上野1丁目19番10号

会社情報HP

http://www.komaihaltec.co.jp/

設立

1943年4月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

金属製品

同業他社

OSJBホールディングス<5912>

沿革

駒井喜兵衛が大阪市東区高麗橋において建築金物業駒井喜商店を開業したのが創業であり、1919年には大阪市大正区泉尾浜通に合資会社駒井鐵工所を設立、本格的な鉄骨工事の設計・製作を行い、その後橋梁部門への進出を図り現在に至る。

2010年
10月、株式会社ハルテックと合併し、会社名を「株式会社駒井ハルテック」に変更し、和歌山工場、大阪支店、和歌山営業所を継承。

2012年
10月、大阪本店を統合し、本店に改称。

事業内容

橋梁・鉄骨・鉄塔その他鋼構造物の設計・製作及び現場組立・架設・補修が主な事業。 これ以外に建設機械・運搬機械等各種機械の設計・製造・据付・販売、建築工事の企画・設計・施工・監理及びコンサルティング業務、風力発電機等による売電事業、複写事業、不動産賃貸事業等を行っている。

事業リスク

① 公共事業への依存

主力事業の一つでる橋梁事業は、その殆どが公共事業である。国・地方公共団体ともに厳しい財政事情にあり公共事業は抑制傾向が続いている。その結果地中量の減少により事業に大きな影響を及ぼす恐れがある。

② 鋼材価格の変動

鋼材等材料価格が高騰した際、価格上昇分が速やかに製品価格に反映されない場合は、事業に影響を及ぼす恐れがある。

③ 安全上のリスク

鉄構製品の橋梁・鉄骨は大きな重量物で、工場製作や現場設置において危険な作業をともなう。安全対策を何より優先しているが、万が一事故を起こした場合は、直接的な損害だけではなく、社会的信用の失墜、指名停止措置などの行政処分により受注量の減少等、業績に大きな影響を及ぼす恐れがある。

④ 品質の保証

品質管理に万全を期しているが、万が一瑕疵が見つかった場合は、調査、復旧を迅速に進めると共に、再発防止にも注力する。また直接的な費用だけではなく、利用者の安全確保のための交通規制等の状況によっては多額の費用が発生し、事業に大きな影響を及ぼす恐れがある。

主力サービス

① 橋梁事業

一般道路・自動車専用道路・高速自動車道路その他高架道路・鉄道等にかかる鋼橋の設計・製作・現場架設・維持補修・検査業務等。

② 鉄骨事業

高層建築物、工場建物、受信・送信・電送用の鉄塔等の鋼構造物等の設計・製作及び現場建方ならびに建設機械・運搬機械等の各種機械の設計・製造・据付・販売。

③ その他

複写業務、風力発電機等による環境事業、不動産賃貸業等。