企業名

アルインコ株式会社< 5933 >

本社所在地

〒541-0043 大阪市中央区高麗橋4丁目4番9号 淀屋橋ダイビル

会社情報HP

http://www.alinco.co.jp/corporate/deta.html

設立

昭和45年7月4日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

建設関連製品・設備

同業他社

コンドーテック<7438> 日成ビルド工業<1916>

沿革

1938年
初代社長井上芳蔵が大阪市港区に井上鉄工所創業。

1970年
井上鉄工株式会社設立(本店所在地大阪府高槻市) 。

事業内容

建設用仮設機材の製造・販売・レンタル、DIY用品などの住宅機器の製造・販売、電子製品等の製造・販売

事業リスク

①為替の変動について

住宅機器関連事業は海外委託生産を行っており、平成25年3月期の米ドル建商品仕入高は当社グループの総商品仕入高の57.7%となっている。今後もコストダウンによる価格競争力を保持し販売シェア拡大のため、海外委託生産を継続する方針であるが、取引は大部分が米ドル建てで行われており、為替相場が変動した場合、グループの業績が影響を受ける可能性がある。仕入コストの安定を目的として為替予約取引による為替ヘッジを行っている。

②建設動向について

建設機材関連事業及びレンタル関連事業においては建設関連の仮設足場機材の販売並びにレンタルを事業としている。この業界はバブル期以降、縮小傾向で推移しているが、想定をさらに上回る建設需要の減少や関連価格の大幅な変動が起こった場合はグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③新設住宅着工戸数の動向について

レンタル関連事業の低層用仮設機材レンタルは主に住宅の建築時に使用されるため、グループの業績は新設住宅着工戸数の増減に少なからず影響を受けている。新設住宅着工戸数は一般経済情勢、金利動向、地価動向、建築基準法、税制等様々な要因の影響を受けるため、その結果によってはグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④海外生産拠点への依存について

電子機器関連事業の無線機等の製造工程のうち組立加工について価格面、品質面及び安定供給等の観点から外注先を選定した結果、フィリピンでの組立加工に依存する割合が大きくなっている。また、住宅機器関連事業も子会社の蘇州アルインコ金属製品有限公司を始め数社において海外委託生産を行っており、その主な国は中国である。生産委託先のある国々の政治・社会情勢及び為替動向等によっては、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤建設業法について

レンタル関連事業が取得している一般建設業の「とび・土工工事業及び内装仕上工事業」の許可票は1件当たりの請負金額が500万円未満の請負工事においては必要とされていないが、レンタル関連事業の主な取引先は住宅会社、建設会社、工務店、リフォーム業者であり、取引を行なう場合一般建設業の許可については必須事項となっているため、一般建設業の許可の取消や停止事由が発生した場合は業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①建設機材関連事業

金属製品及び関連製品の開発・製造並びに販売、建設用仮設機材の販売

②レンタル関連事業

足場の架払請負、建設用仮設機材のレンタル

③住宅機器関連事業

金属製品及び関連製品の開発・製造並びに販売、アルミ型材の販売

④電子機器関連事業

電子機器の組立・加工請負