企業名

不二サッシ株式会社< 5940 >

本社所在地

〒212-0058 神奈川県川崎市幸区鹿島田1丁目1番2号 新川崎三井ビルディング

会社情報HP

http://www.fujisash.co.jp/hp/company/about_fuji/outline.html

設立

昭和44年5月1日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

建設関連製品・設備

同業他社

日立工機<6581> 文化シヤッター<5930>

沿革

1930年
鋼製建具の製造を目的に株式会社不二サツシ製作所(不二サツシ工業株式会社の旧社名)設立

1969年
不動産業を目的に東洋ハウジング株式会社(不二サッシ株式会社の旧社名)を設立。熊本県玉名郡に九州不二サッシ株式会社を設立

事業内容

建材品・アルミ形材の製造及び販売

事業リスク

①経済状況について

営業収入の大部分は、日本国内における需要に大きく影響を受けるため、グループの経営成績は、日本国内の景気動向、建設会社の建設工事受注残高や住宅着工戸数の変動等の影響を受ける可能性がある。 また、国内景気の悪化により、売掛金、受取手形等の債権が劣化した場合、貸倒引当金の積み増しが必要となるなど、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

②原材料の市況変動の影響について

アルミ地金を主たる原材料とする事業(建材事業、形材外販事業)が売上高の大半を占めている。このアルミ地金価格は、市況(為替相場およびロンドン金属取引所(LME)の価格相場)の変動により影響を受けることから、今後も市況が上昇する局面では、原材料費の上昇が押さえきれず、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③市場環境について

グループを取り巻く事業環境は、国内景気は政府・日銀のデフレ脱却を狙う経済政策や震災復興需要も押し上げ要因となり、緩やかな回復基調が続くものと予想されるが、急激な為替の変動等による原材料費の上昇や電力料金の値上げ等、先行きは不透明な状況が続くものと考えられる。また、震災関連の復興工事等で一時的な需要は見込まれるものの、中長期的には人口減少傾向にあり、国内建築市場の縮小傾向は続くものと予想される。一方、形材外販事業においては、一般形材は堅調に推移したが、アルミ加工品は長く円高が続いた影響もあり需要先の海外シフトなどで国内市場が縮小している。 営業活動を展開する上で競業他社との競争は避けられないが、そのような状況に耐えうるべく製品・サービスの向上に努めている。しかしながら、市場環境が大きく変化した場合、厳しい価格競争にさらされるなど、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④経営成績の季節的変動について

建材事業、特にビルサッシの売上比率が高く、このビルサッシの売上が季節的に大きく変動することから、営業年度の中間期末と期末に売上が集中する傾向がある。

⑤特定事業への依存について

売上・利益ともに建材事業への依存率が高く、この事業の業績に全体の経営成績が大きく影響される傾向がある。建築投資全体が縮小傾向で推移する状況に対して形材外販事業や環境事業等非サッシ事業およびリニューアル事業の拡大を積極的に推進している。

主力サービス

①建材事業

カーテンウォール、ビル用サッシ・ドア、中低層用サッシ・ドア、改装用サッシ、住宅用サッシ、玄関引戸・ドア、室内建具、エクステリア製品等の製造・販売

②形材外販事業

外販用アルミ形材、アルミ精密加工品の製造・販売等

③環境事業

一般・産業廃棄物処理プラントの製造・販売

④その他事業

運送・保管管理、LED商品、不動産事業等