企業名

株式会社ヤマシナ< 5955 >

本社所在地

〒607-8155 京都府京都市山科区東野狐藪町16

会社情報HP

http://www.kk-yamashina.co.jp/htm/company/company02.htm

設立

1917年 (大正6年)9月1日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

非鉄金属・金属製品

同業他社

日本製罐<5905> 日本伸銅<5753>

沿革

1917年(大正6年)
資本金100万円をもって京都市山科において創立。陸軍・海軍・鉄道省の購買名簿に登録される。 鋲螺の製造販売を開始。

事業内容

金属製品の企画・製造・販売

事業リスク

①経済環境

取引先の多くが海外展開していることなどから、その国あるいは地域の法令等や経済環境の変化によって、グループの業績及び財政状態に悪影響が及ぶ可能性がある。

②原材料・資材調達等原価の上昇

製造、加工などで原材料・資材の調達が不可欠である。これら調達については生産効率の向上、原材料の効率的な使用など可能な対策を講じているが、これらの価格が上昇した場合、業績及び財政状態に悪影響が及ぶ可能性がある。

③品質管理

品質管理を厳格に実施しており、保険加入等の対策も講じているが、グループ製品・サービスに欠陥などの問題が生じたときには、発生した損害を被る場合も考えられ、グループの業績及び財政状態に悪影響が及ぶ可能性がある。

④販売価格の下落

販売価格につきましては、他社と競合するものが大半を占めており、生産性の向上、コスト削減、不採算品からの撤退などにより価格下落による採算悪化の回避に努めているが、間断ない競争により価格が下落することで、グループの業績及び財政状態に悪影響が及ぶ可能性がある。

⑤知的財産権の侵害

知的財産権の所有、使用については万全の注意を払っておりますが、その保護、使用において不測の事態などが発生したときには、補償あるいは訴訟費用などの負担を被り、グループの業績及び財政状態に悪影響が及ぶ可能性がある。

主力サービス

①金属製品事業

自動車、産業機器、精密機器及び建材等のねじの製造、販売及び加工

②電線・ケーブル事業

産業機器用(バーコードリーダー用、PHS基地局用ハーネス等)、通信用(光通信、LAN用、電話・FAXコード等)、輸送用(自動車ヘッドランプ用ハーネス等)及び音響機器用等の電線・ケーブルの製造及び販売並びに各種ケーブルの端末加工

③不動産事業

不動産の賃貸

④その他の事業

投資事業等