企業名

株式会社ジーテクト< 5970 >

本社所在地

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地20 大宮JPビルディング18階

会社情報HP

http://www.g-tekt.jp

設立

2011年4月

上場市場

東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード) *2014年12月5日に東京証券取引所市場第一部へ変更

決算

3月

業種

金属製品

同業他社

エスイー<3423>ミヤコ<3424>

沿革

1952年
6月高尾金属工業(株):和歌山県田辺市に高尾金属工業株式会社を設立

1953年
菊池プレス工業(株):自動車用部品の製造及び販売を目的として、菊池ボデー工業有限会社を設立

1963年
菊池プレス工業(株):菊池プレス工業有限会社を資本金10,000千円の株式会社に改組、商号を菊池プレス工業株式会社に変更

1971年
高尾金属工業(株):本社所在地を和歌山県田辺市より滋賀県甲賀郡土山町(現滋賀県甲賀市土山町)に移転

1984年
アメリカ・オハイオ州に、菊池プレス工業株式会社、高尾金属工業株式会社、株式会社ヒラタ、株式会社本郷、American Honda Motor Co., Inc.の5社合弁でK・T・H Parts Industries, Inc.を設立

2004年
菊池プレス工業(株):日本証券業協会への店頭登録を取消し、ジャスダック証券取引所(現大阪証券取引所JASDAQ(スタンダード))に株式を上場

2011年
菊池プレス工業株式会社と高尾金属工業株式会社が合併。商号を株式会社ジーテクトに変更し、本店を埼玉県さいたま市に移転

2014年
12月東京証券取引所市場第一部へ市場変更

事業内容

自動車車体部品、トランスミッション部品、金型・溶接設備販売

自動車車体プレス部品の専門メーカーであり、自動車用部品の製造・販売を主な事業内容とする。部品の設計から金型の製作、量産まで、生産システム全体を提供する。

事業リスク

① 市場環境の変化について

当グループは、国内、北米、アジア、中南米、欧州において事業を展開しており、また当グループは、現地の完成車メーカー及び関連部品メーカーに対し製品を供給している。これらの市場における経済の低迷は、自動車の需要低下につながり、当グループの財政状態又は業績に影響を与える可能性がある。

② 特定の販売先への高い依存度について

当グループについては、連結売上高の相当の割合を本田技研工業株式会社及びそのグループ会社が占めており、同社とは資本的関係及び継続的かつ安定した取引上の関係にあるが、同社及びそのグループ会社の国内外における生産及び販売の動向等により当グループの財政状態又は業績は大きな影響を受ける可能性がある。

③ 海外事業について

当グループは、海外において積極的な事業展開を図っているが、これらの国、地域においては、予期することのできない法律又は諸規制の決定又は変更、政 府による外貨規制、投資政策、関税政策など諸政策の発動、急激な経済の変化等の要因により材料や部品の調達、生産、販売に遅延や停止を生じる可能性があり、このような事態が生じた場合には、当グループの財政状態又は業績に影響を与える可能性がある。

④ 災害、戦争、テロ、ストライキ、電力使用制限等の影響について

当グループは、国内外において工場を設け、プレス、溶接加工等の生産設備を活用し、現地で従業員を採用し、自動車部品の生産、販売を行っているが、大地震、洪水、津波、竜巻などの自然災害、感染症などの疾病の流行、戦争及びテロ、大衆運動、現地従業員のストライキ等の労働問題、電力やエネルギーの使用制限などに影響される可能性がある。これらが発生した場合には、原材料や部品の調達、生産、販売に遅延や停止を生じる可能性があり、当グループの財政状態又は業績に影響を与える可能性がある。

主力サービス

① 車体骨格部品

ダッシュボードアッパー、ダッシュボードロアー、フロントピラー、センターピラー、リヤパネル、リヤピラー、ラジエーターサポートなど

② 厚物精密部品

A/T部品(自動変速機)、CVT部品(無段変速機)、鍛造部品、ホルダー、センサー、タイミングプーリーなど

③ 金型・生産システム

汎用マルチ溶接機、プレス搬送装置など

④ その他事業

・株式会社本田技術研究所
・八千代工業株式会社 自動車部品メーカー
・ホンダ・レーシング・ディベロップメント レーシングチーム運営会社