企業名

住友精密工業< 5982 >

本社所在地

〒110-0003 東京都台東区根岸二丁目19番18号

会社情報HP

http://www.maruzen-kitchen.co.jp/

設立

昭和36年3月

上場市場

東証2部

決算

2月

業種

設備機器・部品

同業他社

酉島製作所<6363> 住友精密工業<6355>

沿革

昭和36年
3月 業務用石油ガスバーナーの製造および販売を目的として渡辺商事株式会社(資本金1,000千円)を東京都荒川区に設立。

事業内容

業務用厨房機器製造販売業、ベーカリー機器製造販売業、ビル賃貸業

事業リスク

①販売先市場の動向について

製品の主な販売先は外食・中食産業である。外食産業に含まれる福祉・老健施設や中食産業の市場は年々拡大傾向にあり、これらの業種に対する拡販体制を強化する営業政策を採っているが、最も大きな外食産業の市場である一般飲食店市場は近年縮小傾向にあり、経済情勢やBSE等の外的要因により民間設備投資が大きく減退する局面においてはこの傾向がなお一層強まり、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

②製品の安全性・品質について

社内検査体制の強化等により製品の安全性と品質確保に努めているが、万が一、製品の安全性等でトラブルが発生した場合、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

③法的規則について

グループの事業においては、製造物責任法、消費生活用製品安全法、電気用品安全法等、様々な法的規制の適用を受けている。これらの法的規制が変更、強化された場合、または予測し得ない法的規制が新たに施行された場合、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

④自社製品の販売比率について

営業政策上、自社製品の販売だけでなく仕入商品の販売も併せて行っている。しかし利益確保の観点からは、グループにおける自社製品の販売強化が要諦であり、全売上高に対する自社製品の販売比率が何らかの事情により著しく低下した場合には、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

⑤調達資材の価格変動について

製品の生産活動に当たっては、鋼材や部品等の資材を適宜に調達しているが、原油や原資材の価格が高騰する局面においては、取引業者から仕入価格の引き上げ要請があるものと予想される。常に市況価格に留意しながら、随時価格交渉を行っているが、市況価格が大幅に高騰し、かつ製品の販売価格に転嫁できない場合には、グループの経営成績および財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①業務用厨房機器製造販売業

熱機器、炊飯機器など

②ベーカリー機器製造販売業

ベーカリーコンベクションオーブンなど

③ビル賃貸業