企業名

株式会社エイチワン< 5989 >

本社所在地

〒330-0854 埼玉県さいたま市大宮区桜木町一丁目11番地5

会社情報HP

http://www.h1-co.jp

設立

1939年4月

上場市場

東京証券取引所 JASDAQ(スタンダード)

決算

3月

業種

金属製品

同業他社

特殊電極<3437>三ツ知<3439>

沿革

1939年
4月平田工業(株)が、金属プレス製品の生産を目的として、東京都本所区で創業

1953年
平田工業(株)が、商号を平田プレスエ業(株)に変更

1961年
(株)本郷製作所が、プレス板金製品・機械加工部品の製造販売を目的として創業

1967年
平田プレスエ業(株)及び(株)本郷製作所が、本田技研工業(株)から自動車部品を受注し、本格的な量産を開始

1990年
平田プレスエ業(株)が、商号を(株)ヒラタに変更

1994年
(株)ヒラタが、日本証券業協会に株式を店頭公開

2006年
(株)ヒラタと(株)本郷が合併し、商号を(株)エイチワンに変更。本社を埼玉県さいたま市大宮区に移転集約

2011年
2020年ビジョン「Dream20」がスタート

事業内容

自動車部品および、二輪部品等各種金属のプレスおよび溶接加工、金型溶接設備製造

自動車部品、航空機部品、農業機械部品、電気ならびに通信機械部品、工作機械部品、金型および溶接設備などの製造販売、各種金属のプレスおよび溶接加工、自動車販売業務、自動車損害賠償保障法に基づく保険代理業などを事業として行う。約9割がホンダ向けである。

事業リスク

① 依存度の高い販売先

当グループは、主に自動車の車体フレームを製造し、複数の自動車メーカー等に販売しているが、その最大の販売先はホンダグループ(本田技研工業株式会社及び同社の子会社、関連会社)であり、連結売上高においてその大半を同グループ向けが占めている。このため、当グループの業績は、同グループからの受注動向によって大きく影響を受ける可能性がある。

② 金利の上昇

当グループは、金融機関からの借入を中心に資金調達を行っており、将来の金利水準が想定を上回って大幅に上昇した場合には、当グループの業績に影響を与える可能性がある。

③ 原材料市況の変動による影響

当グループの製品は、そのコストの多くを原材料費が占めており、これら原材料の素材市況の変動により、当グループの業績が影響を受ける可能性がある。

④ 災害・戦争・ストライキ等の影響

当グループは、国内及び海外において事業活動を展開しており、それらの事業は自然災害、疾病、戦争、ストライキ等に影響されることが考えられる。これらの事象が発生した地域においては、原材料や部品の購入、生産、販売などに遅延や停止が生じる可能性があり、これらの遅延や停止が生じ、それが長引くようであれば、当グループの事業や財務状態及び経営成績が影響を受ける可能性がある。

主力サービス

① 自動車骨格部品

自動車の安全性能、環境性能、操作性、室内空間の使いやすさ、デザインに大きく関わる自動車骨格部品を企画、設計段階から顧客と共同で開発を行い製品化

② その他事業

・機種開発センター 製品設計、営業企画
・開発技術センター 機種企画、金型製造など