企業名

電算システム< 3630 >

本社所在地

〒501-6196岐阜市日置江1-58

会社情報HP

http://www.densan-s.co.jp/

設立

1967年3月

上場市場

東証1部 名証1部

決算

12月

業種

情報・通信業

同業他社

ネオス、 データホライゾン・クロス、 マーケティング

沿革

1967年03月
岐阜県内主力4銀行及び繊維関係を中心とした主要企業29社の共同出資により、株式会社岐阜電子計算センターを設立

1977年01月
株式会社電算システムに社名変更

2008年10月
東京証券取引所市場第二部及び名古屋証券取引所第二部に上場

2012年09月
東京証券取引所市場第一部及び名古屋証券取引所第一部に指定替え

事業内容

株式会社電算システムグループは、株式会社電算システムと子会社3社及び関係会社1社(平成25年12月31日現在)により構成され、総合型情報処理サービス企業として、情報サービス事業と収納代行サービス事業活動を展開している。

事業リスク

①事業環境等の影響

近年、グループが所属する情報サービス業界においては、競合商品とのサービスや価格競争の激化、急速 な技術革新、お客様の属する業界の経営環境、業容、及びニーズ等の変化が続いている。グループはこのような変化に即応するため、経営体質の改善、 新技術の習得、及び人材の補強などに努めているが、著しい経済情勢の変化等により、グループを取り巻く事業環境が変化した場合、グループの業 績に影響を及ぼす可能性がある。

②システム開発の受託におけるリスクについての影響

グループが行う受託シ ステム開発においては、プロジェクト管理者が品質・納期・コスト・リスク等の管理を行うとともに、プロジェクト管理システム等で工期や費用の費消の状況を モニタリングしている。しかしながら、システム開発受託において契約の受注時に採算性が見込まれるプロジェクトであっても、開発中の大幅な仕様変更等 が発生し、作業工数が当初の見積り以上に増加することにより、最終的に案件が不採算化することがある。また、長期のプロジェクトは環境や技術の変化に 応じた諸要件の変更が生ずる可能性があると考えられます。このような大幅な仕様変更や諸要件の変更あるいは品質上のトラブルが発生した場合、結果的にお客 様と合意した納期の未達成等が起こり、売上計上の遅延、追加コストの発生や損害賠償等により、グループの業績に大きな影響を及ぼす可能性がある。

③人材確保等の影響

グループにおいては、顧客の高度で多様化するニーズに応えるためには、優秀な技術者 の確保が最重要課題であり、採用活動への積極的な取り組み、人材の育成と実務能力の向上を目的とした教育制度を充実させるとともに、具体的な人材配置においても社内外からの適材の手配を行っている。しかしながら、案件が技術的にも高度化・複雑化することに伴い、が必要とする適材の確保が難しい場 合、失注や受注規模の縮小などによる売上減少などグループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

情報サービス50%、収納代行サービス50%