企業名

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス< 3657 >

本社所在地

〒163-0811東京都新宿区西新宿2-4-1新宿NSビル

会社情報HP

http://www.poletowin-pitcrew-holdings.co.jp/

設立

2009年2月

上場市場

東証1部

決算

1月

業種

情報・通信業

同業他社

ヒト・コミュニケーションズ<3654>、 ブレインパッド<3655>、 KLab<3656>

沿革

2009年02月
ポールトゥウィン株式会社及びピットクルー株式会社の株式移転により、グループ全体を統括する純粋持株会社としてペイサー株式会社を設立

2011年03月
ペイサー株式会社からポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社へ商号変更

2011年10月
東京証券取引所マザーズに上場

2012年11月
東京証券取引所市場第一部へ上場市場変更

事業内容

ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社グループは、ポールトゥウィン・ピットクルーホールディングス株式会社と連結子会社18社(平成26年01月31日現在)により構成され、ソフトウェア・ハードウェアの品質向上をサポートするために不具合の検出を行うデパッグ・検証事業、インターネットの健全な成長をサポートするために種々のコンテンツに含まれる違法有害情報の検出や不正利用の検出を行うネット看視事業活動を展開している。

事業リスク

①事業内容及び法的規制に係わるリスクについて

①市場と競合について

自社開発製品である「Rtoaster」を初めとしたの提供するWeb開発関連のサービスについては、類似のサービスを提供している会社が多数存在するため、これらの会社がと同様のサービスへ参入した場合には、業績に影響を及ぼす可能性がある。アナリティクス事業については、データマイニング業務が一般的となって市場が拡大した場合、中長期的には競合会社の新規参入や既存のデータ分析会社との競争激化等が業績に影響を及ぼす可能性がある。なお、データマイニング市場の今後の成長性や展望を正確に予測することは困難であるが、市場拡大が見込みと異なった推移となる場合には業績に影響を及ぼす可能性がある。

②サービスの効果について

顧客の特徴や行動の予測を算出し、あるいは最も合理的な施策を算出して、データを顧客に提供することにより直接的・間接的に企業の収益に貢献する というビジネスを行っている。算出した予測や施策については、社内で慎重に検証したうえで顧客に提供しているが、仮に提供した予測や施策に技術的 な誤りが有った場合や、予測や施策の実行により顧客が期待した効果が得られなかった場合、への損害賠償請求や社会的信用の失墜により、業績に大きな影 響を及ぼす可能性がある。

③情報の保護について

業務において、顧客が提供する機密情報を取り扱う場合があるた め、顧客と業務委託契約を締結し、情報管理責任者より権限を渡された担当者のみがデータにアクセスできるようにするなど、情報漏えいの防止に努めている。また、個人情報を取り扱う場合もあることから、個人情報の適切な取得、管理、運用を行うため、(財)日本情報処理開発協会が発行するプライバシーマー クを取得している。しかしながら、何らかの理由で顧客の機密情報や個人情報が外部に流出した場合、への損害賠償請求や社会的信用の失墜により、業 績に大きな影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

デバッグ・検証78%、ネット看視22%