企業名

アートスパークホールディングス< 3663 >

本社所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-15-7 パシフィックマークス新宿パークサイド

会社情報HP

http://www.artspark.co.jp/

設立

2012年4月2日

上場市場

東証2部

決算

12月

業種

情報・通信業

同業他社

日立製作所<6501>、シャープ<6753>

沿革

平成23年
株式会社セルシス及び株式会社エイチアイは、株主総会の承認を前提として、共同株式移転の方法により共同で当社を設立することに同意に達し、両社の取締役会において当該株式移転に関する「株式移転契約書」の締結及び「株式移転計画書」の共同作成を決議。

平成24年
株式会社セルシスの第21回定時株主総会及び株式会社エイチアイの臨時株主総会において、両社が共同で株式移転の方法により当社を設立し、両社がその完全子会社となることについて決議。

平成24年4月
株式会社セルシス及び株式会社エイチアイが株式移転の方法により当社を設立。当社の普通株式を株式会社東京証券取引所市場第二部に上場。

事業内容

主にコンピューターに関するソフトウェア及び周辺機器の企画、開発、販売、使用許諾及び保守管理等を行う子会社等の経営管理並びにそれに付帯関連する事業を営む。

事業リスク

①業績の変動について

業績は、新しいソフトウェア製品の発売時期や、製品を搭載したデバイスの発売時期、受託開発業務の検収の時期に大きな売上計上となるので、これらの影響により業績も変動するという事業構造となっている。したがって、発注者である携帯電話事業者、コンテンツプロバイダー等の経営方針や開発スケジュール等に影響を受ける為、業績も四半期毎に変動する可能性がある。

②技術革新について

主に事業展開しているソフトウェア業界は、技術革新の速度及びその変化が著しい業界であり、新技術、新サービスが次々と生み出されている。当該技術革新に対応するよう研究開発を続けている。しかし、新しい技術に対応できなかった場合、想定していない新技術、新サービスが普及した場合又は競合他社が機能的、価格的に優位な製品で参入し、市場シェアの維持が困難になった場合、当社グループの提供するソフトウェア、サービス等が陳腐化し、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

③法的規制について

現在、主な事業を推進するうえで、直接的規制を受けるような法的規制はないが、当社の子会社は顧客の個人情報を保有・管理しており、「個人情報の保護に関する法律」に規定される個人情報取り扱い事業者に該当する。完全に外部からの不正アクセスを防止する保障はなく、また、人的ミス等社内管理上の問題により、個人情報が漏洩する可能性は常に存在するため、個人情報の管理コストが増加する等、業績に影響を及ぼす可能性がある。万一、個人情報が外部に漏洩するような事態になった場合には、社会的信用の失墜、損害賠償の請求等により、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

④知的財産権について

第三者の知的財産権に関して、これを侵害することのないよう留意し、製品開発、販売を行っている。また、コンテンツ等の受託制作においては、第三者の知的財産権に関する許諾を取得していること等を取引先委託企業に確認するよう努めている。しかし、事業分野における知的財産権の現況を全て把握することは非常に困難であり、把握できていないところで第三者の知的財産権を侵害している可能性は否定できない。万一、第三者の知的財産権を侵害した場合には、当該第三者より損害賠償請求又は使用差止請求等の訴えを起こされる可能性がある。こうした場合、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。また、研究開発型の企業グループであり、新製品の開発、販売を行っている。特許権、商標権等の出願を行い、知的財産権の保全を図っているが、これらの出願が認められない可能性や取得済の特許権等が第三者により侵害される可能性がある。このような場合には、解決するまでに多くの費用や時間を費やすことが予想され、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

⑤人材の確保及び育成について

事業は、その大半がヒューマンリソースに依存しており、事業拡大にあたっては、急速な技術革新への対応、継続的な研究開発等が不可欠であり、これらに対応する優秀な人材を適切な時期に採用し、育成することが必要不可欠であると考えている。その為、人材確保に注力しているが、必要とする能力のある人材を計画通りに採用又は育成できなかった場合には、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①クリエイターサポート事業

グラフィック技術の研究開発と実用化を推進し、新しいコンテンツ制作技法や新デバイスに対応した製品ラインナップの拡充を行っており、「CLIP STUDIO シリーズ」「ComicStudio」「RETAS STUDIO」等の、イラスト・マンガ・アニメなどのグラフィック系コンテンツの制作ツールの提供や、グラフィッククリエイターの創作活動を支援するwebサイト「CLIP」を運営し、クリエイターの創作活動をトータルにサポートするサービスを提供。

②コンテンツソリューション事業

グラフィック技術の研究開発成果をもとにした、ソフトウェアやサービスノウハウをソリューションとして提供。
PC・タブレットデバイス・スマートフォンを始めとする各種プラットフォームへの電子書籍配信ソリューション「BS Reader」「BS BookStudio」をはじめとする、様々なデバイス・プラットホームに対応したグラフィック系コンテンツの制作・流通・再生にまつわる各種ソリューションを提供。

③UI/UX(ユーアイ/ユーエックス)事業

グラフィックス描画関連製品、UI開発ソリューション製品を、通信キャリアおよびモバイル機器やデジタル家電機器等の各種デバイスメーカ等への提供を通じて、技術領域からデザイン領域までをトータルに支援するUIソリューションとして活用。

④アプリケーション事業

通信キャリア、サービス事業者等に対して、自社製品の技術およびデザイン力を活用したサービス・アプリケーションの企画・開発・サポートまでをトータルで提供する。また、自社製品をサービス事業者向けプラットフォームとしても活用。