企業名

株式会社プレステージ・インターナショナル< 4290 >

本社所在地

〒102-0083 東京都千代田区麹町一丁目4番地 半蔵門ファーストビル2階

会社情報HP

http://www.prestigein.com/

設立

1986年10月30日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

サービス業

同業他社

リンクアンドモチベーション<2170> セコム上信越<4342> ヒト・コミュ ニケーションズ<3654>

沿革

昭和61年
海外日本語アシスタント・サービスを事業として資本金5,000万円を もって東京都千代田区に株式会社プレステージ・インターナショナルを設立

平成16年
株式会社プレステージ・ヒューマンソリューションを設立、人材派 遣業を開始
タイム・コマース株式会社に出資、子会社化
本社並びに本店所在地を渋谷区から千代田区に移転
上海・オフィスを開設、現地法人化
保険販売を目的としたテレマーケティング会社 株式会社プレステージ・ACを 設立 (平成19年3月解散)

平成17年
ロードアシスタンスサービスを目的として株式会社プレミアRSを 設立
事業育成等を目的として、投資事業会社 株式会社PIキャピタルを設立 (平成20 年5月解散)、PI投資事業有限責任組合1号を組成 (平成20年5月解散)

平成18年
香港にて現地通貨建てクレジットカード発行事業を開始
家賃保証サービスを目的として株式会社オールアシストを設立
少額短期保険事業への参入を目的とし、準備会社として株式会社プレミアイン シュアランスプランニングを設立
人材派遣分野やITソリューション、Webマーケティング分野で培ったノウハウ を活用し、業容拡大を目的としてタイム・コマース株式会社より株式会社エボ リューションに出資 (平成20年1月解散)
ロードアシスタンスサービスにおける全国の民間業者とのネットワークの再構 築、及び管理体制の充実を図り、最終的に当該業界の発展を目的として株式会 社プレミアロータス・ネットワークを設立
中国にて現地通貨建てクレジットカード発行事業を開始

平成19年
秋田県秋田市に第2BPOセンターを開設、名称を 『秋田BPOキャ ンパス (EAST棟)』 に変更
住宅関連アシスタンスサービスを開始
バンコク駐在員事務所を現地法人化
平成21年 介護事業者向けサービス 「プレミア・ケア」 を開始
保険金受取人宛てメッセージ管理サービスを開始

平成22年
株式会社イントラストに出資、子会社化
ロードアシスト事業における子会社、株式会社プレミアアシスト西日本を設立
ロードアシスト事業における子会社、株式会社プレミアRSを株式会社プレミア アシスト東日本へ社名変更、西日本地区のロードアシスタンスサービスに関す る権利義務を株式会社プレミアアシスト西日本へ承継、株式会社プレミアアシ スト西日本 営業開始

平成23年
ロードアシスタンスサービスにおけるネットワーク企業の支援・教 育を目的として、株式会社プレミアネットワークを設立
インシュアランス事業における通介護支援サービスの提供を目的として、株式 会社トリプル・エースを関連会社化
株式会社プレミア・プロパティサービスより駐車場管理会社向けサービスを分 離し、株式会社プレミアパークアシストを設立
CRM事業において、インターネット等を利用した付加価値サービス開発・提供 を目的として株式会社プレミア・クロスバリューを設立

平成24年
サンパウロ駐在員事務所を現地法人化
新たなビジネスモデル構築を目的として、損保ジャパン日本興亜ホールディン グス株式会社との合弁会社、株式会社プライムアシスタンスを設立し、関連会 社化
株式会社トリプル・エースを子会社化
株式会社プレミアロータス・ネットワークを子会社化
東京証券取引所市場第二部上場

平成25年
大阪証券取引所JASDAQスタンダード市場上場廃止
アプリ開発企業向けサービスの開発・提供を目的とした合併会社、株式会社 App GTを設立し、子会社化
株式会社プレミアネットワークを株式会社プレミアITソリューションに社名変 更、併せて事業内容にITシステム等の開発・運営を追加
山形県酒田市に山形BPOガーデンを開設
東京証券取引所市場第一部指定

事業内容

BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)事業
・ ロードアシスト事業
・ CRM事業
・ インシュアランス事業
・ プロパティアシスト事業
・ カード事業

事業リスク

①BPO事業の市場並びに業界の状況に係るリスク

BPO市場の成長は、規制緩和や企業系列の崩壊等を背景としたアウトソーシ ング化の進展に大きく影響されることから、アウトソーシング化が進展しない 場合は、成長が鈍化する可能性があります。
日本においては損害保険会社、自動車メーカー、クレジットカード会社等の 大企業が自社グループのインハウス事業としてBPO業務を行っているケースが 多いため、市場拡大が制約または限定される可能性があります。また、クライ アント企業において業界や業種ごとに共同でアウトソーシング会社を設立する 場合、業界再編成やM&Aが進展する場合などにも、独立系BPO事業者にとっ て事業機会を喪失する可能性が想定されます。
これらのリスクに対して、クライアント企業との協業など新たなビジネスモ デルの創出やIT投資による効率化等、付加価値が高く訴求力のあるサービスを 提供し続けることにより、クライアント企業の拡大及び繋ぎ止めに努めます。 その一環として平成24年9月に新たなBPO拠点の建設計画を決定し、平成25 年11月に山形BPOガーデンを竣工し、更に平成27年4月には富山BPOタウン を稼動させる予定です。これは秋田BPOキャンパスの稼働率が100%に迫るな かで、クライアント企業からの業務拡大要請や有事に備えたオペレーションの 複数拠点化を求める声が多いことにかんがみ、新BPO拠点の建設を決定したも のですが、競争の激化などマーケット環境が変化した場合、先行投資による設 備投資が回収できないなど、業績に影響を及ぼす可能性があります。

②世界情勢等におけるリスク

米国、英国、中国、シンガポール、タイ、豪州などに海外拠点を設置し、グ ローバルに事業活動を展開しています。
海外における事業展開には、以下のようないくつかのリスクが内在していま す。万一、下記のような事象が発生しますと、クライアント企業の経営戦略や 事業方針等に影響を与え、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があり ます。
・予期しない法律または規制の変更、強化
・不利な政治または経済要因
・税制または税率の変更
・テロ、戦争、その他の要因による社会的混乱等

③信用失墜や風評のリスク

クライアント企業は、損害保険会社、自動車メーカー、クレジットカード会 社、海外ブランド会社など各業界における有力企業が多く、信用失墜や風評の 影響を受けやすい傾向にあります。仮にクライアント企業に信用失墜や風評の 問題が発生した場合、その影響は業績に及ぶ可能性があります。また、BPO業 務に起因して重大なトラブルやクレームなどが発生した場合、クライアント企 業との業務委託契約が解消される可能性があり、更に他のクライアント企業に まで契約解消の動きが波及する可能性もあります。

④為替リスク

海外売上高は、カード事業やインシュアランス事業を中心に平成25年3月期 1,994百万円(連結売上高に占める割合8.2%)、平成26年3月期2,168百万円 (同9.8%)となっています。海外売上高の大部分は外貨建てであることから、 為替相場の変動が経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性があります。

⑤設備に係るリスク

秋田BPOキャンパスを中核施設として、米国、豪州、英国、香港などの海外 拠点にコンタクトセンターを設置しており、グループ会社専用のネットワーク 及び情報システムにより業務を運営しています。また、平成24年9月に新たな BPO拠点の建設を発表し、平成25年11月に山形BPOガーデンを竣工し、更に 平成27年4月には富山BPOタウンを稼動させる予定です。既存又は建設計画中 のBPO拠点やコンタクトセンター、ネットワーク及び情報システムが予期せぬ 自然災害や事故などによって破壊または切断された場合、あるいは外部からの 不正アクセスなどによって情報システムやデータの破壊、改ざん、情報漏洩な どが起きた場合、事業活動に重大な影響を与えるとともに、クライアント企業 から損害賠償請求を受ける可能性もあります。

主力サービス

①ロードアシスト事業

損害保険会社、自動車メーカー、自動車ディーラーなどが主なクライアント 企業であり、それら企業のお客様であるエンド・ユーザー(被保険自動車の保 有者や自動車購入者)からの緊急要請に対応して、24時間年中無休のカスタマ ーコンタクト業務及びロードアシスタンスサービスを提供しています。

②インシュアランス事業

保険・保証に関するさまざまなサービスを提供しています。
損害保険会社を主なクライアント企業として、海外旅行保険の被保険者に対 して、海外において24時間日本語受付サービスやキャッシュレス・メディカル サービスを提供しています。

③CRM 事業

海外ブランド、通信販売会社、ポータルサイト運営会社などが主なクライア ント企業であり、カスタマーコンタクト業務及び購買データ分析などデータベ ースマーケティングのノウハウ提供をしています。

④カード事業

海外関係会社、海外金融機関及び日系航空会社との3社提携により、米国、 香港及び中国において日本人駐在員向けに現地通貨で決済できるプレステージ ・インターナショナルのグループ独自のクレジットカード“プレミオカード”を 発行しています。

⑤プロパティアシスト事業

不動産管理会社、損害保険会社と駐車場運営会社、カーシェアリング運営会 社などをクライアント企業とし、マンションなどの入居者に対して24時間年中 無休で水漏れ、鍵開け、ハウスクリーニングなどのサポートを行なう事業(ホ ームアシスト)と、無人駐車場及びカーシェアリング車両のステーションにお ける様々なトラブルに対してトータルサポートサービス(機器保守、補修、緊 急・点検出動など)を行う事業(パークアシスト)があります。