企業名

アエリア< 3758 >

本社所在地

〒107-6103 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル

会社情報HP

http://www.aeria.jp/

設立

2002年10月30日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

12月

業種

情報・通信

同業他社

クロスキャット<2307>、ビック東海<3167>

沿革

1998年5月
有限会社コミュニケーションオンライン設立

2002年10月
株式会社アエリアを設立(会社分割による)

2007年11月
港区赤坂の赤坂パークビルに本社を移転

2008年9月
株式会社アプレシオと業務提携

2010年7月
株式会社エアネットによるメール誤送信防止機能をクラウド型サービスとして提供開始

2011年9月
オプティモグラフィコ株式会社の解散を決議

2012年12月
中間持株会社AGGPHoldings,Inc.設立により、AeriaGames&Entertainment,Inc.を子会社から除外

2014年4月
本格派オンラインRPG「Klee(クレー)~月ノ雫舞う街より~」正式サービス開始

事業内容

インターネット及びモバイルの技術を駆使して、「ネットワーク」「コミュニケーション」をキーワードに事業展開。 優れた技術開発や豊富な運営ノウハウをベースに、より価値の高い商品/サービスの提供を目指し、現在は以下のような事業を展開。

事業リスク

① 現在の事業環境に関するリスク a.インターネット市場について

事業展開しているインターネット市場においては、ブロードバンドインフラの普及 が継続的に続いており、安定的に成長していると思われる。このような傾向は今後も続くものと考えられますが、必ずしも予測通りに推移するとは限らない。外的な市場動向が、法規制の導入やその他予期せぬ要因により、変化が起きた場合は、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

② モバイル市場について

事業展開しているモバイル市場は、周辺環境の整備が進み、モバイルコンテンツに対する新たな需要が発生する一方で、当事業においては大きな参入障壁が無いことから新規参入が相次いでおり、今後も激しい競争下に置かれるものと予想される。コンテンツ配信サービスを拡大していく方針でありますが、魅力的なコンテンツを提供できずに利用者数が減少した場合は、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

③ オンラインゲーム市場について

オンラインゲーム市場規模は今後も拡大していくものと考えておりますが、市場規模拡大に伴い、類似する事業を展開する事業者の事業拡大や新規参入の活発化も予想され、競争が激化する可能性がある。また、今後の市場動向について不透明な点は否めなく、予測している通りに市場規模が推移しない可能性がある。提供するサービスにおいて、事業展開が計画通りに進捗しなかった場合やオンラインゲーム市場に対する規制等が新たに制定された 場合は、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

④ 競合について

展開しているインターネット及びモバイル関連業界は、いずれの分野も有力な競合会社が存在している。特にオンラインゲーム事業においては、市場が成長段階にあり、新規参入を含めた競合が激化し淘汰が始まっている。平成16年より当事業を開始し、この分野における経験やノウハ ウを蓄積してまいりました。この強みをもって、今後も事業を拡大していく方針でありますが、魅力的なコンテンツを提供できずに利用者数が減少した場合は、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

① オンラインコンテンツ事業

ゲームポータルサイト「AERIA GEMES」