企業名

日清オイリオグループ< 2602 >

本社所在地

〒104-8285 東京都中央区新川1−23−1

会社情報HP

http://www.nisshin-oillio.com/

設立

1907年3月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

食料品

同業他社

不二製油<2607> J−オイルミルズ<2613>

沿革

1907年
3月設立。

2004年
日清オイリオ、リノール油脂、ニッコー製油を吸収合併し、新生「日清オイリオグループ株式会社」をスタート。

2005年
大連日清製油有限公司の新工場稼動。食と医の融合事業に向けて株式会社アイロムと業務提携。

2007年
ピエトロと資本業務提携。2008年ドイツに合弁会社「Nisshin OilliO Fine Chemicals GmbH」を設立。

2009年
日清サイエンス株式会社を吸収合併。大東カカオ株式会社に資本参加。昭和産業株式会社と業務提携。

2011年
スペインの「Industrial Química Lasem, S.A.」に資本参加。

事業内容

本社、子会社26社、関連会社15社およびその他の関係会社1社で構成され、油 脂・油糧事業、加工油脂事業、ヘルシーフーズ事業、ファインケミカル事業、 大豆食品素材事業を主な事業とする。

事業リスク

①原材料国際価格の変動リスク

原材料である大豆、菜種等の仕入につき、為替相場変動に加え、原材料国際価格および原油価格高騰等に伴う輸送コスト等の変動リスクを有している。原材料価格はコストの重要な部分を占めることから、相場変動により業績に影響を及ぼす可能性がある。

②国内外の製品市況の変動リスクについて

国内外の製品市況の変動により、業績が影響を受ける可能性がある。

主力サービス

①油脂・油糧事業

食品、油脂製品および油粕製品の製造販売

②加工油脂事業

加工油脂製品の製造販売

③その他事業

・健康機能食品、治療関連食品、ドレッシング・マヨネーズ等の製造販売
・化粧品原料、化学品等の製造販売等