ソフトバンクグループ <9984> のソフトバンクモバイルは24日、米国のスプリント・コーポレーションのネットワークでLTE国際ローミングを提供開始したと発表した。『アメリカ放題』でLTEデータ通信が利用可能となる。

『アメリカ放題』はソフトバンクユーザーが日本国内と同額で、米国内で通話やデータ通信が行えるサービス。アメリカ本土やハワイなどで適用できる。

なお、12月26日にはLTE国際ローミングの対象エリアに中国、イスラエルが追加となる。イスラエルでのLTE国際ローミングの提供は国内携帯電話事業者として初めて。これにより、LTEによる高速通信サービスが利用可能となるのは28の国と地域となる。

(ZUU online)

【関連記事】
ロシアルーブル急落でIKEAも取引停止…世界中に広がる悪影響は?
「大韓航空ナッツ事件」…副社長の行動にみる一族経営の弊害とは?
有馬記念と日本経済…サラリーマンの平均年収は馬券売上に直結する?
年間52,596円の日経新聞が無料!?ネット証券は『情報の宝庫』
アップル、グーグル、フェイスブックなど世界有数の企業の株を気軽に購入する方法