企業名

富士急行< 9010 >

本社所在地

〒403-0017山梨県富士吉田市新西原5-2-1

会社情報HP

http://www.fujikyu.co.jp/index.php

設立

1926年09月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

陸運業

同業他社

小田急電鉄<9007> 京王電鉄<9008> 京成電鉄<9009>

沿革

1940年
09月 富士山麓電気鉄道株式会社設立

1950年
09月 東京証券取引所に上場

1960年
05月 富士急行株式会社に商号を変更

1961年
10月 東京証券取引所市場第一部に上場

事業内容

運輸業事業、不動産業事業、レジャー・サービス業事業、他事業

事業リスク

(1)法的規制 グループが展開している事業においては、監督官庁の認可やさまざまな法令、規則、施策等による規制を受けている。これらの法令、規則、施策等が変更された場合には、グループの事業活動が制限されるほか、法令、規則、施策等を遵守するための費用が発生するなど、グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がある。 (2)自然災害・事故等 グループは、「120%の安全と最高のホスピタリティの提供」を経営ビジョンに掲げ、安全を最優先に事業活動を行っているが、事業エリアでの地震や富士山噴火等の自然災害、異常気象、感染症の発生等外部環境に異常事態が発生した場合や各施設で万一事故が発生した場合には、事業運営に支障をきたすとともに、グループの信頼の低下、施設の復旧費用等の発生などグループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がある。 (3)エネルギー供給の動向 運輸業、レジャー・サービス業は、鉄道、バス、タクシー、船舶の運行や遊戯・宿泊施設等の運営にさまざまなエネルギーを使用している。エネルギーの供給不足が発生した場合、車両の運行や施設の稼動が制限を受けるとともに、軽油単価、電気料金等のエネルギー価格の動向が、グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がある。 (4)金利変動 運輸業、レジャー・サービス業は、大型の設備投資を要する装置産業であり、これらの資金は主に金融機関からの借入により調達している。各金融機関からの借入は固定金利での調達を基本としているが、変動金利の借入金や借換及び新たな調達資金については、金利情勢の影響を受け、グループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がある。 (5)消費者マインドの動向 不動産業、レジャー・サービス業は、景況悪化による個人消費の落ち込みや市場環境の変化に影響を受けやすい事業であり、レジャー・サービス業においてはさらに天候や休日の日並びの良否、ガソリン価格の動向がグループの経営成績及び財政状態に影響を与える可能性がある。

主力サービス

運輸業34%、不動産業5%、レジャー・サービス業50%、他11%