企業名

㈱ヒューテックノオリン< 9056 >

本社所在地

〒130-0026 東京都墨田区両国2-18-4

会社情報HP

http://www.hutechnorin.co.jp/company/

設立

1953年3月14日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

陸運業

同業他社

日本通運㈱ <9062> ヤマトホールディングス㈱ <9064>

沿革

1953年
03月に設立。

1995年
07月に株式上場し、以来18年間上場を維持。 子会社1社、関連会社2社でヒューテックノオリングループを構成。

事業内容

コールドチェーン物流や、チェーンストア物流などを行う運送事業、倉庫事業、その他の事業

事業リスク

1. 会社の経営方針(経営資源の配分)によるリスク

冷凍食品を主力とする食品物流事業に経営資源を集中。 冷凍食品は、利便性、価格の安定性、食品メーカーの研究開発等による品質の向上などが評価され、社団法人日本冷凍食品協会が国内での冷凍食品消費量の公表を開始した昭和33年以降、その数値は確実な伸びを示していた。 ここ数年は統計に反映されない海外からの輸入冷凍食品の増加などもあるが、食の安全・安心を揺るがすような事故や事件などが要因となり、一時的には国内での冷凍食品の消費量が鈍化する可能性は否定できない。 このような状況が長期間に及んだ場合には、経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

2. 取引関係の大幅な変動によるリスク

顧客からの業務受託に際し、仕分け・配送の一括受注や共同配送などコールドチェーンの提供を基本としており、設備投資を行う際にも慎重な事業計画の下、投資の決定を行っている。 しかし、顧客の合従連衡や顧客企業の業績の急変などにより、取引の継続が困難になった場合、経営成績や財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

1. DC事業

低温食品の保管・配送事業、病院食材物流、加工業務

2. TC事業

チェーンストア物流

3. その他事業

警備輸送事業、病院関連物流事業(㈱ヘルティー)