企業名

ファンコミュニケーションズ< 3784 >

本社所在地

〒530-0004 大阪市北区堂島浜2-2-8 東洋紡ビル

会社情報HP

http://www.vinx.co.jp/

設立

1991年2月20日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

情報・通信

同業他社

アイティフォー<4743>、両毛システムズ<9691>

沿革

1991年
株式会社マイカルシステムズとして営業開始。

2007年
MIJS(メイド イン ジャパンソフトウェアコンソーシアム)に加盟。

2008年
ITサービスマネジメント国際認証規格ISO20000を取得。

2009年
「ネットスーパートータルソリューション」リリース。
中国浙江省に合弁会社「維傑思科技(杭州)有限公司(ウェイ・ジェイ ・スー)」を設立。
株式会社東忠ソフトウェア(現 株式会社 東忠)の株式取得による資本参加。
「株式会社エス・エフ・アイ」の子会社化。

2013年
株式会社ヴィクサスと合併し、「株式会社ヴィンクス」に社名変更。

2014年
ベトナムに現地法人「VINX VIETNAM COMPANY LIMITED」を設立。

事業内容

24時間365日止まらない流通・サービス業の最前線で長年経験を積み、GMS、SM、百貨店、専門店、フードサービスなど、業種・業態に特化したプロフェッショナル集団として、コンサルティングからシステム企画、設計、開発、運用、付帯サービスまで一貫してご提供。 POSシステム、店舗管理システム、CRMシステム、マーチャンダイジングシステム、物流システムそして、EDIシステム、eビジネスなど、幅広いアプリケーションの連携により、確かな経営成果をもたらす最適なソリューションをご提供。

事業リスク

① 販売先等について

流通・サービス業を主要な対象として事業を展開しており、当該業界における景気動向、システム投資動向及び企業再編等の影響を受けている。また、当該業界を事業領域とする同業他社との競合及び新規参入等もあり、今後における業績はこれら動向に影響を受ける可能性がある。また、イオングループと取引関係があり、その依存度は高い水準にある。当該イオングループとの関係を維持・強化していく方針でありますが、同グループとの優先的な取引継続が保証されるものではなく、業績は、同グループのシステム戦略及びシステム投資動向等に影響を受ける可能性がある。

② 人材の確保について

事業展開においては、グローバルビジネス、顧客ニーズに応じたサービスの提供、ソリューションの企画及び開発を行う優秀な技術者が必要であり、今後における業容拡大に合わせ、継続した人材の確保が必要であると考えている。しかしながら、現在の情報システム業界では人材の獲得競争が激しく、優秀な人材獲得が出来ない場合又は在職する人材の社外流出が生じた場合には、事業展開に応じた十分な人材の確保が困難となり、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

① パッケージプロダクト事業

パッケージ「オープンPOSパッケージ」・「CRMパッケージ」

② ソリューションサービス事業

ソリューション「ONE-TO-ONEマーケティング」

③その他事業

・ITサポートサービス業務