企業名

エイティング< 3785 >

本社所在地

〒140-0013 東京都品川区南大井6-21-12

会社情報HP

http://www.8ing.co.jp/

設立

1993年3月

上場市場

東証マザーズ

決算

9月

業種

情報通信業

同業他社

フェイス<4295>、アイサンテクノロジー<4667>

沿革

平成5年3月
東京都大田区において、ゲームソフトウェア開発、設計、製作及び販売を事業目的として有限会社エイティングを出資金300万円で設立。

平成5年5月
当社初の販売商品である業務用シューティングゲーム「魔法大作戦」を開発販売。

平成6年12月
当社初の家庭用ゲームソフト開発として、当社オリジナルの業務用パズルゲームを家庭用ゲームとして開発販売。以後、積極的に当社オリジナルの業務用ゲームを、家庭用ゲーム向けに開発販売を行う。

平成9年7月
3D格闘ゲーム「ブラッディロア」を業務用ゲームとして開発販売。同時に家庭用「プレイステーション」向けにも開発販売。

平成14年12月
「個人認証方法」(携帯端末の音源からの楽音データを読み取り機にて照合する個人認証方法)に関する特許登録。

平成17年12月
東京証券取引所マザーズ市場へ上場。

平成22年11月
開発体制の強化を目的として、札幌市中央区に「札幌スタジオ」を新設。

事業内容

ゲームソフトウェアの企画・開発、モバイルコンテンツの企画・制作・配信、オンラインゲームの企画・開発・配信・運営を主たる業務としております。 当会社グループの事業内容及び当社と関係会社の当該事業に係る位置づけは次のとおりであります。

(1)ゲームソフト開発事業・・・・・・主要な製品は、家庭用ゲームソフト及びアミューズメント施設向けゲームソフト等であります。 (2)モバイルコンテンツ開発事業・・・主要な製品は、携帯電話・スマートフォン向けデジタルコンテンツ等であります。 当会社が企画・開発・配信をしております。 (3)ネットワークコンテンツ開発事業・主要な製品は、オンラインゲームであります。 当会社が企画・開発・配信・運営をしております。

事業リスク

1.ゲームソフト市場の動向

当グループが事業を展開しているゲームソフト市場は、既に広く消費者に認知され成熟されつつあります。しかしながら、今後のゲームメーカーによる新型ゲーム機の投入やオンライン化、ソーシャルゲームをはじめとする新たな市場の成長などにより、市場規模は一定の規模の維持又は拡大すると認識しております。 当グループは、市場動向を鑑み、ユーザーである消費者の嗜好に留意しニーズにあった魅力あるゲームを提供すべく、主要なゲーム機種へゲームソフトを供給できる体制を確立し事業の強化を図っております。しかしながら、ゲームソフト市場の規模が当グループの予測を下回る場合や、ゲームに対する消費者の嗜好が急激に変化した場合は、業績に大きな影響を与える可能性があります。

2.事業の競合

ゲームソフトの企画・開発の各業界には有力な事業者が存在し、大きな参入障壁も存在しないことから当グループと競合関係にある事業者が数多くあります。 当グループのゲームソフトの開発事業においては徹底した納期管理や、開発機能のライブラリー活用による効率化を進めるとともに、長年にわたり培ったノウハウや技術力を活かし完成度が高くユーザーにとって魅力あるゲームを作り続けることで、他社との区別化を図っております。 しかしながら、他社との比較においてゲームソフトの完成度が低い場合や、当グループと同様なゲームソフトの開発を他社が先んじた場合において、当会社グループの業績に大きな影響を与える可能性があります。

主力サービス

① ゲームソフト市場につきましては

今後、新型ゲーム機や多数の有力タイトルのゲームソフトが市場に投入されることもあり、市場活性化が期待されております。

② ソーシャルゲーム市場につきましては

近年のスマートフォン等の急激な普及も追い風となって、今後も市場規模が拡大傾向と予想されております。

③ 企業価値の増大に向けて取り組んでまいります。

当グループにおきましては、常に最新の開発環境を構築しこれらの新技術に対応し、コスト競争力のあるゲームの供給を図ることはもちろんのこと、斬新な企画、アイデアの創出がゲームコンテンツ制作において重要であるとの認識のもと、ゲームユーザーの拡大に寄与できるよう活動してまいります。