企業名

ユビキタス< 3858 >

本社所在地

〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-10-1 日土地西新宿ビル

会社情報HP

http://www.ubiquitous.co.jp/

設立

2001年5月7日

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

情報・通信

同業他社

ネッツエスアイ<1973>、ドーン<2303>

沿革

平成13年5月
東京都渋谷区西原三丁目において株式会社ユビキタスを設立。

平成22年9月
ネットワーク プラットフォームソフトウェア「Ubiquitous Network Framework」累計出荷数2億本を突破

平成22年12月
「JASDAQ-TOP20上場投信」組入銘柄に選定

平成23年3月
組込みデータベース「Ubiquitous DeviceSQL」累計出荷ライセンス数が全世界で1,000万本を突破

平成24年3月
本社を東京都新宿区西新宿六丁目10番1号 日土地西新宿ビル20階に移転

平成24年9月
電力見える化クラウドサービス 「Navi-Ene(ナビエーネ)」の事業化を開始

平成24年12月
株式会社村田製作所と資本業務提携

平成25年9月
株式会社村田製作所及びルネサス エレクトロニクス株式会社と車載情報機器の高速ネットワーク 技術の共同開発を開始

平成26年2月
IoTを実現するプラットフォーム「dalchymia(ダルキュミア)」の事業化を開始。

事業内容

組込みソフトウェア製品としては、各種ネットワーク製品をはじめ、データ管理の効率化に寄与する高速なデータベース製品、OSの高速起動を実現するソフトウェア製品を開発し、販売。クラウドサービスとしては、サービスプラットフォーム事業の関連サービスとして電力見える化サービスの提供。

事業リスク

① 特定の分野への高い依存度について

当事業年度における売上高の29.2%が、「Ubiquitous Network Framework」を中心としたネットワーク関連 におけるソフトウェア使用許諾によるものである。ソフトウェアが現時点の市場において高い競争力を有していると考えておりますが、競合製品の登場や代替技術の登場による陳腐化などに伴い、これら主力ソフ トウェアの優位性が失われた場合には、業績に影響を及ぼす可能性がある。

② 技術の陳腐化について

事業は、車載機器、デジタル家電、ホームネットワーク、デジタルカメラ、携帯デバイス、住宅・セキュリ ティ等の技術に密接に関連しておりますが、これらの技術の進歩は著しく、製品の高機能化も進んでいる。 技術の進展に鋭意対応していく方針ですが、想定していない新技術の開発、普及に より事業環境が急変した場合、必ずしも迅速に対応できない可能性がある。また、競合他社が上回る技術 を開発した場合には、技術が陳腐化する可能性がある。これらの状況に迅速に対応するため、多額の研究開 発費用が発生する可能性もあります。 上記のような事象が発生した場合には、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

③ 競争の激化について

事業は、車載機器、デジタル家電、ホームネットワーク、デジタルカメラ、携帯デバイス、住宅・セキュリ ティ等の市場に密接に関連している。「小さく」、「軽く」、「速い」、高い競争力をもったソフトウ ェアを有しておりますが、当該市場では、上述に記載のとおり、技術の進歩は著しく、また、LinuxやAndroidな どの無償で利用できるソフトウェアプラットフォームも拡大していることから競争が激化している。今後も競争力の維持強化に向けたさまざまな取り組みを進めて参りますが、優位に競争が進められず、当該市場で十分 なシェアを獲得できない場合には、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

④ 新規事業について

事業拡大を行う上で、当社独自の技術やノウハウを活かした新規事業や製品を提供することが必要である と認識している。このため、新規事業や製品への投資については、その市場性などについて十分な検証を行った 上で投資の意思決定を行っておりますが、市場環境の変化や不測の事態により、当初予定していた投資回収を実現できない可能性がある。 また、新規事業や新規サービス・製品の立ち上げには、一時的に追加の人材採用、研究開発等が発生し、事業及び業績に重要な影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

① データベース事業

ミドルウェア製品「Ubiquitous DeviceSQL」

② システムソリューション事業

プラットフォーム「dalchymia」

③その他事業

・ソフトウェアを使用許諾した顧客に対する技術サポート業務等