企業名

㈱タチエス< 7239 >

本社所在地

〒196-8611 東京都昭島市松原町3-3-7

会社情報HP

http://www.tachi-s.co.jp/company/topmessage/

設立

1954年4月7日

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

輸送用機器

同業他社

トヨタ紡織㈱ <3116> カルソニックカンセイ㈱ <7248>

沿革

1954年04月に設立。 32年後の1986年12月に株式上場し、以来26年間上場を維持。 子会社10社、関連会社4社でタチエスグループを構成。

事業内容

自動車座席及び座席部品の製造並びに販売

事業リスク

1. 製品の欠陥によるリスク

製品品質については、品質保証体系に基づく全社活動を通して日常管理を行っ ているが、製品すべてについて欠陥がなく、将来にリコールが発生しないとい う保証はない。 欠陥の内容によっては多額の追加コストが発生する可能性がある。 また、製造物責任賠償については保険を付保しているが、この保険が最終的に 負担する賠償額を充分カバーできるという保証はない。 大規模なリコールや製造物責任賠償につながるような製品の欠陥は、多額のコ ストにつながり業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

2. 新製品開発力によるリスク

技術力とコスト競争力に裏打ちされた確固たるグローバル・シート・システム ・クリエーターとしての地位確立が急務であるとの認識から、業界標準たり得 る差別化商品・新工法をユーザー及び自動車メーカーに提供するため、長期的 視野に立つシート技術の研究開発活動を展開。 しかし、ユーザーと自動車メーカーの変化を充分に予測できず、魅力ある新製 品を開発できない場合やタイムリーに提供できない場合、将来の成長と収益性 を低下させ、更には投下資金の負担が業績と財務状況に影響を及ぼす可能性が ある。

3. 自然災害の影響

東日本大震災の例をみるとおり、日本のみならず、世界で起きうる自然災害に よる工場等の被害、自動車メーカー各社の被害、取引先の被害により、生産に 影響が生じ、影響の規模によっては、事業の遂行に問題が生じる可能性がある 。

主力サービス

1. シートの軽量化
次世代骨格「TTKフレーム」

2. シートの安全技術開発
シートベルト内臓シート、SRSサイドエアバッグ付シート、アクティブヘッド レスト付シート