企業名

キユーピー< 2809 >

本社所在地

〒182-0002 東京都調布市仙川町2−5−7

会社情報HP

http://www.kewpie.co.jp/

設立

1919年11月

上場市場

東証1部

決算

11月

業種

食料品

同業他社

キッコーマン<2801> 味の素<2802>

沿革

1919年11月
設立。

2004年6月
株式会社キユーソー流通システムの株式が東京証券取引所市場第一部銘柄に指定される。

2006年1月
山梨県富士吉田市に富士吉田工場を設置。

2009年6月
マレーシアにおける調味料等の製造販売を目的として、KEWPIE MALAYSIA SDN.BHD.(現連結子会社)を設立。

2010年11月
ベトナムにおける調味料等の製造販売を目的として、KEWPIE IETNAM CO.,LTD.(現連結子会社)を設立。

2013年2月
インドネシアにおける調味料等の製造販売を目的として、PT. KEWPIE INDONESIA(現連結子会社)を設立。

事業内容

当社、子会社65社、関連会社11社およびその他の関係会社1社により構成され、食品の製造販売および運送保管等を主たる業務とする。

事業リスク

①市場動向リスク

当社グループの主幹事業はサラダ調味料の製造販売であり、売上高・利益の両面において貢献度が最も高い事業となっている。従って、サラダ調味料の需要が減退するなどでその国内市場が縮小した場合、また市場競争の結果として当社製品の市場占有率が大きく下落した場合には、業績および財政状態に大きな影響を及ぼす可能性がある。

②主要原料の価格変動リスクについて

当社グループは、主要原料として鶏卵および食油を使用している。それらの市況が著しく高騰した場合には、業績および財政状態に大きな影響を与える可能性がある。

主力サービス

①調味料事業

マヨネーズ等調味料の製造・販売

②食品事業