企業名

東京汽船㈱< 9193 >

本社所在地

〒231-0023 神奈川県横浜市中区山下町2

会社情報HP

http://www.tokyokisen.co.jp/company/

設立

1947年5月5日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

倉庫・運輸関連業

同業他社

日本郵船㈱ <9101> ㈱商船三井 <9104>

沿革

1947年
05月に設立。

1962年
09月に株式上場し、以来51年間上場を維持。 子会社2社、関連会社6社で東京汽船グループを構成。

事業内容

曳船サービス・貸船サービス・海上防災事業等を行う曳船事業、カーフェリー事業・観光船事業等を行う旅客船事業、カーフェリー事業に伴う物品販売やレストラン食堂事業等を行う売店・食堂事業等

事業リスク

1. 燃料油・原材料価格変動及び調達によるリスク

曳船部門・旅客船部門が燃料油を使用し、この価格は原油市場の動向に左右される。 原油価格高騰により収益が圧迫されるリスクと燃料油の供給自体のストップにより運航に支障をきたす恐れがある。 また、鋼材の値上げにより新船の建造価額に影響が出ることもある。

2. 海難事故によるリスク

曳船事業では、海上災害の予防と海難事故の際の出動は本来の業務であるが、曳船が物理的破損や人的被害を被るリスクがある。 また、曳船運航が海難事故の要因となり責任が問われるリスクがある。 これらは即ち、衝突や岸壁破損等のリスク、燃料油・原油流出による海洋汚染リスク、危険物を扱う船舶での業務に伴う海上災害リスク等である。 カーフェリーや観光船事業においては人命にかかわる事故や海洋汚染リスクを抱えている。

主力サービス

1. 曳船事業

曳船サービス、貸船サービス、海上防災事業等

2. 旅客船事業

カーフェリー事業、観光船事業等

3. 売店・食堂事業

カーフェリー事業に伴う物品販売やレストラン食堂事業等