企業名

サンリツ< 9366 >

本社所在地

〒108-0075東京都港区港南2-12-32

会社情報HP

http://www.srt.co.jp/

設立

1948年03月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

倉庫・運輸関連

同業他社

大運<9363> 上組<9364> トレーディア<9365>

沿革

昭和23年
3月 東京都港区芝浦に資本金180千円で(株)三立社を設立し、梱包、運送業を開始

昭和25年
10月 三立梱包運輸(株)に商号変更

昭和60年
8月 株式会社サンリツに商号変更

昭和62年
9月 株式を「社団法人日本証券業協会東京地区協会」(現、(株)大阪証券取引所)に店頭売買銘柄として登録、株式を公開

平成11年
3月 株式を東京証券取引所市場第二部に上場

平成19年
3月 株式を東京証券取引所市場第一部に指定

事業内容

一般貨物の梱包  貨物自動車運送事業  貨物運送取扱事業  倉庫業  木箱製造業  包装資材及び機材の加工・製造並びに販売  不動産の賃貸  機械器具設置工事業  通関業  港湾運送事業  産業廃棄物収集運搬業  特定労働者派遣業  工作機械等重量物の架設、設置及び解体業務  機械、玩具及び家具の製造、計量、点検、修理並びに販売に関する事業  動物用医療機器等の製造、輸入、点検、検査並びに販売に関する事業  医薬品、医薬部外品、化粧品及び医療機器等の製造、輸入、点検、検査並びに販売に関する事業  その他上記各号に付帯、または関連する一切の業務

事業リスク

(1)一般的な景気動向によるリスク グループが事業活動を展開する主要な市場である国及び地域の経済状況、国内外の経済、景気動向、及び顧客企業の輸出需要の動向等が、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(2)特定顧客への依存度によるリスク グループの事業内容は、半導体及び精密機器、工作機械、無線通信機器、医療機器等の梱包事業、運輸事業、倉庫事業である。それらの事業において、連結売上高の10%超の売上を計上する顧客は1社ある。当グループは、新規顧客の開拓及びサービス・品質の向上に努め、事業の拡大を図っているが、これら主要顧客の動向がグループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(3)原材料価格等の変動によるリスク グループは、低価格での原材料等の仕入に努め、原価低減を図っているが、梱包事業の原価を構成する木材、段ボール、鉄鋼等の原材料価格の変動及び運輸事業の原価を構成する軽油等が原油価格・為替レートの変動の影響を受け、売上原価の上昇を招く可能性がある。

(4)海外での事業展開におけるリスク グループは、中国・米国地域におきまして、連結子会社により梱包事業・国際物流を軸とした事業展開を行なっている。このため、これら地域の政治的・経済的状況や社会情勢の変化及び政府当局が課す法的規制等によって、グループの事業や経営成績に影響を及ぼす可能性がある。 また、グループの連結財務諸表作成にあたっては、各社の財務諸表を円換算しており、為替レートが変動した場合、グループの経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

(5)自然災害等に関するリスク グループの国内物流拠点は、主要顧客の生産施設及び物流状況にあわせ、東京近郊の関東圏に集中している。また、本社施設も同様である。従って、大規模地震を含む自然災害等が関東圏に発生した場合、グループの事業活動に支障をきたすような被害も受けやすく、経営成績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

梱包73%、運輸16%、倉庫9%、賃貸ビル2%