企業名

エージーピー< 9377 >

本社所在地

〒144-0041 東京都大田区羽田空港1-7-1

会社情報HP

http://www.agpgroup.co.jp/

設立

1965年12月

上場市場

東証JASDAQスタンダード

決算

3月

業種

倉庫・運輸関連業

同業他社

(株)JALUX<2729>

沿革

1965年
12月に設立された会社で、

2001年
12月に株式上場し、以来11年間上場を維持している。 主に空港施設・航空関連サービス業界に属し、国内11空港での駐機中の航空機へ電力、冷暖房気等を提供する動力事業などを展開する。空港関連設備の整備を行う整備事業が2本柱。そのほかに航空機用関連設備、車両、製品等(航空機用冷暖房車、各種フードカート、ブレーキクーリングカート等)の製造販売や技術者の派遣等を展開している。

事業内容

動力事業、整備事業、フードカート、航空機地上支援機材を展開

事業リスク

① 動力事業

a.航空会社の運航計画等による影響
動力事業の売上は、航空各社の発着便数・使用機材および地上動力に対する利用度により影響を受けている。

b.夏期の電力需給対策による影響
2012年夏期の電力供給の制約については、実施された場合の収支への影響を最小限にとどめる対策を検討しているが、特に懸念の強い関西空港および伊丹空港でエージーピーの動力供給設備の使用が相当規模で制限された場合には、業績に影響を及ぼす可能性がある。

c.初期投資の負担による影響
エージーピーの投資効果の試算どおりに各空港の就航便数が伸びず、見込みどおりの利用状況が発生しない場合には、減価償却費・賃借料等が負担となり、業績に影響を及ぼす可能性がある。

② 整備事業

空港施設の整備計画が当初計画どおりに進行しない場合や、顧客企業の設備投資が抑制される局面においては、業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

① 動力事業

電力の供給、圧搾空気の供給、冷暖房気の供給

②整備事業
③フードカート