企業名

BS11< 9414 >

本社所在地

〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5

会社情報HP

http://corp.bs11.jp/ja/Top.html

設立

1999年8月23日

上場市場

東証2部

決算

8月

業種

情報・通信

同業他社

㈱フジ・メディア・ホールディングス <4676> ㈱東京放送ホールディングス <9401>

沿革

1999年
08月に設立。

2014年
03月に株式上場。 親会社はビッグカメラ。

事業内容

認定基幹放送事業

事業リスク

1. 経済・広告市場の動向による収入減によるリスク

売上高の大部分を占めるBSデジタル放送事業は、主に広告主への放送時間枠の販売による収入で構成。 一般に、国内の総広告費と景気の変動には密接な関係があるため、経済が低迷した場合には、その結果として国内の総広告費が減少。 BSデジタル放送事業(タイム収入、スポット収入)においても広告主企業 の業績によって大きな影響を受けるため、国内外の経済環境の急変や生産活動の停滞等が発生した場合、広告市場も影響を受け、経営成績及び財政状態に影響が生じる可能性がある。 今後、景気動向に加え、広告主企業のマーケティング等の広告施策における構造的な変化が生じた場合、経営成績及び財政状態に影響が生じる可能性がある。

2. 放送権料の高騰によるリスク

放送される番組のうち、配給会社や権利元から放送権を購入している海外ドラマ等の購入番組については、視聴者の支持が確立し、視聴者層が拡大する反面、当該購入番組の放送権料は、上昇傾向にある。 今後、遍く国内の視聴者に良質な番組を提供するBSデジタル放送事業者としての使命を全うすべく、より質の高い番組の購入を進めていくが、当該購入番組の放送権料が著しく高騰した場合、経営成績及び財政状態に影響が生じる可能性がある。

主力サービス

1. BSデジタルハイビジョン放送

自主製作番組(報道、教育、教養、娯楽、その他(通信販売))の放送