企業名

AOIPro.< 9607 >

本社所在地

〒141-0032東京都品川区大崎1-5-1

会社情報HP

http://www.aoi-pro.com/

設立

1963年10月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

情報・通信業

同業他社

東宝<9602> 国際放映<9604> 東映<9605>

沿革

1963年
10月 東京都港区にテレビコマーシャル制作を目的とする株式会社葵プロモーションを設立

1990年
4月 店頭登録銘柄として日本証券業協会に登録

1998年
2月 東京証券取引所市場第二部に上場

2000年
9月 東京証券取引所市場第一部に指定

事業内容

テレビコマーシャルの企画及び制作  デジタルコンテンツの企画及び制作  エンタテイメントコンテンツの企画及び制作

事業リスク

①経済情勢等の影響について グループが属する広告業界は、主に企業の広告宣伝費を糧として事業運営をしている。広告宣伝費は、内外の経済情勢・企業収益の動向に大きく左右される傾向が強いことから、その動きによっては、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

②主要取引先の動向について グループの売上高の60%程度を、㈱電通、㈱博報堂、㈱アサツーディ・ケイの3社グループが占めている。国内広告業界の情勢を反映するものとなっているが、これら主要販売先の業況・発注方針等の変化によっては、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

③新しい事業展開について これまで、グループの主たる事業である映像制作事業は、受注による制作が原則でありました。メディアの新しい展開に対応するため、これまで取り組んできた映画・アニメーション・テレビ番組等の企画制作、モバイルコンテンツ・PC向けコンテンツの企画制作、各種DVD・キャラクターの販売等々の事業に加え、コンシューマー向け写真・動画の制作・販売、ソーシャルアプリケーションの企画制作、メディア関連事業等にも取り組みつつある。これまで培ってきた映像制作技術を活かす事業ではあるが、その大半が自主制作を前提としたもので、その販売動向によっては、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

④デジタル放送普及の影響について グループの売上高の6%程度を占めるCMプリントは、BSデジタル放送・地上波デジタル放送が完全普及すると、不要となることも予想されている。その場合は、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

⑤人材の確保・育成について CMを中心に映像制作の全て(制作スタッフ編成、予算内での制作費執行、スケジュール及び作品のクォリティ管理等々)に係る責任者としてプロデューサーがいる。発注権限を持つ広告代理店クリエイターと深く係わりながら、仕事を受注する営業マンの役割も果たする。一人前になるには、7~10年を要する。この確保及び育成が重要な経営課題となっている。そのため、成果主義に基づく給与体系の導入・研修制度及び福利厚生制度の充実を図っている。優秀な人材の確保及び育成ができない場合は、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

広告制作95%、写真スタジオ0%、メディア関連5%