企業名

ショットモリテックス< 7714 >

本社所在地

〒351-0024 埼玉県朝霞市泉水3-13-45

会社情報HP

https://www.schott-moritex.co.jp/

設立

1973年2月19日

上場市場

東証1部

決算

9月

業種

精密機器

同業他社

精工技研<6834>シグマ光<7713>サンテック<1960>

沿革

1973年2月19日会社設立。

2000年東京証券取引所市場第一部に上場。

2013年社名 をショットモリテックス株式会社へ変更するとともに、本社を埼玉県朝霞市へ移転。

事業内容

ショットモリテックス㈱、親会社、子会社3社及び関連会社1社により構成されており、 マシンビジョンシステム・工業用事業、コスメ・メディカル機器事業、オプトコム事業、機 能性材料・その他の事業における開発・製造から販売を主たる事業として行っている 。

事業リスク

①主力製品への依存に関して
グループでは、主力製品であるマシンビジョンレンズ、光源装置、光ファイバ ライトガイド、LED 照明などを組み合わせた「マシンビジョンシステム」を、 半導体製造・電子部品実装・液晶製造の各装置業界向けを中心に画像処理シス テムの光学系機器として 販売しているが、この売上高に占める割合が高くなっ ている。
(マシンビジョンシステム・工業用事業 売上高5,846百万円 連結 売上高構成比 62.0%)

半導体製造・電子部品実装・液晶製造の各装置業界に おいては、従来から市況の変動幅が非常に大きく、今後景気状況の急速な悪化 を受けて業界全体の受注が急減する場合には、グループの連結業績に影響が及 ぶ可能性がある。

②知的財産権に関して
研究開発本部内に企画&IPグループを設置し、知的財産権を保全するとともに 他社の知的財産権の確認を行っているが、近時の知的財産権に対する一般産業 界の現状から、将来において知的財産権に対する疑義を完全に排除するには困 難であり、対処方法によっては、グループの連結業績に影響 が及ぶ可能性があ る。なお、現在、重要な訴訟はない。

③原材料価格に関わるリスクに関して
グループはメーカーとして製品製造に従事しているが、原材料価格の急激な高 騰が発生した場合などには、製品の利益率の悪化などにより、グループの連結 業績に影響が及ぶ可能性がある。

主力サービス

マシンビジョンシステム・工業用事業、コスメ・メディカル機器事業、オプトコム事業、機 能性材料・その他の事業における開発・製造から販売