企業名

理研計器 < 7734 >

本社所在地

〒174-8744東京都板橋区小豆沢2-7-6

会社情報HP

http://www.rikenkeiki.co.jp/

設立

1934年7月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

精密機器

同業他社

ニコン<7731> トプコン<7732> オリンパス<7733>

沿革

1934年(昭和9年)7月
家電などの製造販売を目的として、沢藤電気工業株式会社 設立。

1938年(昭和13年)5月
富国機械株式会社に商号変更。精密機械の製造開始。

1939年(昭和14年)3月
現商号に変更。

1961年(昭和36年)10月
東証2部に上場。

1995年(平成7年)9月
東証1部に指定。

事業内容

可燃性ガス検知・警報器 酸欠事故防止用ガス検知・警報器 毒性ガス検知・警報器 複合ガス検知・警報器 環境測定用各種測定器/その他諸機器

事業リスク

(1) 法的規制について
グループが取り扱うガス検知警報機器類の設置義務及び保守点検については、主に 以下の法的規制がある。新たな法規制や改廃は、グループの業績に影響を及ぼす可 能性がある。

(2) 製品の欠陥について
グループは、品質管理の国際規格に基づく製品製造並びに内部基準による保守・点 検業務を行っているが、製品の欠陥や製品設置時の調整ミス等に起因する誤作動に より、ユーザーに物的・人的損害を与える可能性がある。また、製造物及び完成作業リ スクを対象とした総合賠償責任保険に加入しているが、この保険が最終的に負担する 賠償額を十分にカバーできるという保証はない。製造物責任賠償につながるような重 大な製品の欠陥や調整作業ミスは、多額の費用やグループの評価に重大な影響を与 え、業績及び財務状況に悪影響を及ぼす可能性がある。

(3) 研究開発について
グループは、電気・物理・化学など幅広い技術力をベースに、ガスセンサーの研究開 発から、最先端技術を駆使した新製品の開発を最も重要な経営課題としている。製品 の開発には、ユーザーニーズにそった使用目的・使用場所に応じた新技術開発を行 っているが、グループの経営成績に寄与する保証はない。

(4) 設備投資動向の変動について
グループが取り扱うガス検知警報機器の需要は、主にエレクトロニクス・石油化学・船 舶業界等の民間設備投資、電力・ガスを含む公共設備投資の動向に左右される。

主力サービス

定置型ガス検知警報機器63%可搬型ガス検知警報機器32%他測定機器5%