企業名

シチズンホールディングス < 7762 >

本社所在地

〒188-8511東京都西東京市田無町6-1-12

会社情報HP

http://www.citizen.co.jp/

設立

1930年5月

上場市場

東証1部

決算

3月

業種

精密機器

同業他社

ペンタックス<7750> 日本電産コパル<7756> IMV<7760>

沿革

1918年3月
シチズン時計の前身、尚工舎時計研究所 創立

1930年5月
シチズン時計株式会社創立

2001年3月
西東京市に本社を移転

2004年10月
シチズン商事株式会社と合併

2007年4月
商号をシチズンホールディングス株式会社に変更

事業内容

持株会社としての、グループ経営戦略の策定・推進、グループ経営の監査、グループ 技術開発と知的財産の管理、その他経営管理等

事業リスク

①グループの各事業のリスクについて
グループは、時計、工作機械、デバイス、電子機器等の製造販売を主な事業とし、全 世界で事業展開を行っている。そして、ユーザーは一般個人のほか、多種多様な製 造業にまで広範囲に渡っている。
従って、グループの業績は、多岐に渡る変動要因の 影響を受ける。その要因の主なものは以下のとおりである。時計事業時計事業におい ては、ウオッチでは国内競合メーカーのほか、スイス高級腕時計メーカー、中国製普 及価格帯時計メーカー等との競争も激しく、また、携帯電話等の時計機能代替製品と の競争も内在している。
ムーブメント事業においては現在高いシェアはあるものの、中 国メーカーの台頭等に基因する競争環境の悪化により単価下落及びシェア低下の危 険性がある。
工作機械事業工作機械事業は、景気サイクルや企業の設備投資需要の 影響を受けやすく、また競争環境においては国内メーカーとの競争の他、アジアメー カーとの競争も激しさを増している。 時計事業 時計事業においては、ウオッチでは国内競合メーカーのほか、スイス高級腕時計メー カー、中国製普及価格帯時計メーカー等との競争も激しく、また、携帯電話等の時計 機能代替製品との競争も内在している。
ムーブメント事業においては現在高いシェア はあるものの、中国メーカーの台頭等に基因する競争環境の悪化により単価下落及 びシェア低下の危険性がある。
工作機械事業 工作機械事業は、景気サイクルや企業の設備投資需要の影響を受けやすく、また競 争環境においては国内メーカーとの競争の他、アジアメーカーとの競争も激しさを増し ている。
デバイス事業 デバイス事業は、技術革新が早く企業間競争も激しいことから、販売価格の下落や開 発等の遅れ等が業績に大きく影響を及ぼす可能性がある。オプトデバイスにおいては 販売先である携帯電話メーカーや照明メーカーの動向に影響を受ける。水晶デバイ スにおいても、主要な販売先である携帯電話メーカーの動向に大きく影響を受ける可 能性がある。
また、一部製品では、特許実施許諾の契約を結んでいるが、何らかの事 情により提携関係が解消され、特許の実施許諾が受けられない状態になった場合、 当事業に影響を与える可能性がある。 電子機器事業 電子機器事業は、景気変動による設備投資、個人消費の影響を受け易いため今後の 景気動向によっては減収等が予想される。
また、国内競合メーカーはもとより、中国等 の電子機器メーカーとの競争が激しく、技術革新が早いことから、販売価格の下落や 開発等の遅れ等が業績に影響を与える可能性がある。

主力サービス

時計52%、工作機械13%、デバイス22%、電子機器8%、他5%