企業名

マナック < 4364 >

本社所在地

〒721-0956 広島県福山市箕沖町92

会社情報HP

http://www.manac-inc.co.jp/

設立

1948年5月17日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

化学工業

同業他社

住友化学<4005>三井化学<4183>

沿革

昭和23年
松永塩業組合から分離独立し、苦汁製品の製造・販売を目的として 広島県沼隈郡松永町(現広島県福山市松永町)に松永化学工業株式会社を設立 。

昭和63年
松永化学工業株式会社からマナック株式会社に商号変更。

平成20 年
千葉県君津市にかずさ研究室を移転。

平成21年
八幸通商株式会社(現・ 連結子会社)の発行済全株式を取得し、同社の100%出資子会社である南京八 幸薬業科技有限公司(現・連結子会社)とともに連結の範囲に含める。
同年、 福山工場敷地内に医薬品倉庫が完成し、また海外市場の開拓を積極的に取組む ため、「海外企画開発室」を設置。

事業内容

各種化学薬品の製造及び販売を主たる業務とする。また、臭素化合物を中核と した少量多品種の生産を特徴としており、製品の用途は難燃剤、医薬、試薬 、IT素材関連及び工業薬品等、あらゆる産業分野を対象とする。

事業リスク

①経済状況について

製品は、電気製品、OA機器、電子材料及び情報関連分野など、多岐にわたる 分野で使用されている。そのため製品需要は、製品を販売している様々な分野 の経営状況の影響を受けることになる。したがって、国内外の関連市場におけ る景気後退による需要の縮小は、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある 。

②価格競争について

事業を展開する多くの市場において国際競争が激化している。競合先には価格 面で競争力を有している可能性がある。また、新しい競合先の市場参入に伴い 、製品が厳しい価格競争にさらされる可能性もある。その結果、価格面での圧 力、または競争の激化によるシェアの低下により、業績と財務状況に影響を及 ぼす可能性がある。

③原材料の調達について

原材料を多数の供給業者から調達している。購入に際しては、売買契約、品質 保証書などにより品質保証された原材料の調達に努めているが、供給業者にお ける災害、事故などによる調達への支障が生じた場合には、生産活動の停止な どの影響が考えられ、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

④原材料の市況変動

使用する原料は、直接的あるいは間接的に石油化学原料と関係しているものが 多くある。そのため原料価格の動向は、ナフサ価格や為替相場の変動の影響を 受けます。国際情勢の状況次第では、原料価格が上昇する可能性がある。また 、需給バランスが崩れ、供給不足の状況になった場合も原料価格が上昇する可 能性がある。随時市況価格を注視しているが、今後、市況が高騰した場合には 原材料費の上昇により、業績と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

⑤新製品及び新技術開発力

事業を展開する多くの市場においては、技術の進歩、革新的な新製品の登場な ど急速に変化している。将来の成長は、既存事業の強化に加え、新製品の開発 と販売、新規事業の育成に依存すると予想している。この認識のもとに、中期 経営計画を再構築し、新製品及び新技術の研究開発、新規事業の育成に取組ん でいる。しかし、市場の変化への対応の遅れや開発状況の遅れなどにより、新 製品及び新技術を開発できない場合には、将来の成長と収益性が低下し、業績 と財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①難燃剤事業

OA機器難燃剤、プラセフティ1200

②ヘルスサポート事業

人工透析用医薬原料、輸液原料、試薬、イオンバランス飲料原料

③ファインケミカル事業

機能材料分野、電子材料分野、医薬分野