企業名

ダンロップスポーツ < 7825 >

本社所在地

〒651-0072神戸市中央区脇浜町3-6-9

会社情報HP

http://www.dunlopsports.co.jp/

設立

2003年7月

上場市場

東証1部

決算

12月

業種

その他製品

同業他社

永大産業<7822> アートネイチャー<7823> オプトロム<7824>

沿革

1909年(明治42年)
ダンロップ護謨(極東)日本支店設立

1917年(大正6年)
日本法人化しダンロップ護謨(極東)(株)に改称

2006年(平成18年)
東京証券取引所市場第一部に上場。

2012年(平成24年)
「ダンロップスポーツ株式会社」に社名変更

事業内容

スポーツ用品事業 フィットネス事業 スクール事業 ゴルフ事業 ゴルフトーナメント事業

事業リスク

(1)産業特性
スポーツ・レジャー産業に属する製品の需要は、生活必需品に関わる産業と比較して 、景気動向、社会情勢の変化、天候の影響を受けやすい面がある。このため、景気動 向等の変化により、グループの業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

(2)国内におけるスポーツ用品市場の縮小
ゴルフ人口やテニス人口が減少したっ場合、商品に対する需要が減少し、グループの 業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

(3)消費者の嗜好の変化
グループが消費者嗜好の変化を見誤った場合、変化に対して適切に対応できない場 合には、グループの業績や成長性に悪影響を及ぼす可能性がある。

(4)災害等の影響
グループは国内、海外の広範な地域で事業を展開しており、それらの事業は自然災 害、疾病、戦争、テロ等に直接または間接の影響を受ける可能性がある。これらの事 象が発生した場合にはグループの業績に悪影響を及ぼす可能性がある。

(5)商品開発
メーカー間で熾烈な技術開発競争が続いている。グループでは独自技術に裏付けら れた新理論・新素材・新機能の開発、新技術を生かした商品の投入等を継続する方 針であるが、新商品の開発や販売には複雑かつ不確実な要素が伴うため、係る新商 品の開発等が成功する保証はない。

主力サービス

スポーツ用品93%、サービス・ゴルフ場運営7%