企業名

アヲハタ< 2830 >

本社所在地

〒729-2392 広島県竹原市忠海中町1-1-25

会社情報HP

https://www.aohata.co.jp/

設立

1948年12月28日

上場市場

東証2部

決算

10月

業種

食品

同業他社

味の素<2802> キユーピー<2809>

沿革

昭和7年
前身である株式会社旗道園(本社東京市)が、株式会社中島董商店の全 額出資により創立。

昭和8年
広島県豊田郡忠海町(現竹原市忠海中町)に工場を建設、みかん缶詰、ジャム類の製造を開始した。

昭和18年
国の企業整備令に基づき、株式会社旗道園は広島県合同缶詰株式会社に統合され、同忠海工場として存続することとなった。

終戦後の昭和23年
広島県缶詰株式会社は解散し、それぞれの工場は、元の所有者に有償で返還されることとなった。これを受け、同年12月に青旗缶詰株式会社を設立し、工場を買い取り運営していくこととなった。

平成元年
アヲハタ株式会社に商号変更。

平成21年
株式会社アヲハタエフエムサプライおよび株式会社ビーエフ情報サービスの2社を当社に吸収合併するとともに、株式会社アヲハタ興産の不動産賃貸事業を吸収分割により当社に承継。

平成23年
中国に烟台青旗農業科技開発有限公司(非連結子会社で持分法非適用会社)を設立。

平成25年
チリにSantiago Agrisupply SpA(非連結子会社で持分法非適用会社)、中国に青島青旗食品有限公司(非連結子会社で持分法非適用会社)を設立。

事業内容

食料品の製造および販売を主な内容とし、その他に関連事業として原材料の購入販売およびその他のサービス業等の事業活動をおこなっている。

事業リスク

①経済状況・消費動向および市場競争力

新製品開発力の強化をはかり、付加価値の高い魅力ある新製品の開発をスピーディにおこなうとともに、製品のコストダウンを強力に進めるため、受注、生産計画、製造、製品および原料の在庫管理、設備投資など生産に関する一連のプロセスを見直し最適化することにより、競争力の強化に努めている。しかし、製品を販売している市場は、主に日本国内であり、国内における景気後退や、それに伴う需要の減少、消費動向に影響を与えるような不測の事態の発生、または消費者の嗜好の変化・多様化などにより、売上の低迷と収益性の低下をまねき、業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

②食の安全性

顧客に安全・安心を届けるべく、食品衛生法などの関連法規の遵守はもとより、購入先との密接な連携による原料・資材の履歴管理、残留農薬の調査分析、食品添加物・アレルギー物質・カビ毒等のチェックをおこない安全・安心の向上に努めている。また、製品については、HACCP方式やISO9001などの品質保証・管理体制を全社的に導入し、万全の体制で臨んでいる。しかし、異物混入、表示不良品の流通、あるいは、社会全般にわたる一般的な品質問題など、想定範囲を超えた事象が発生した場合、業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

③為替変動の影響および海外進出のリスク

加工原料および商品(素材原料)の大部分を輸入品に依存している。仕入価格は為替変動の影響を受け、その状況によっては利益を圧迫する可能性がある。 為替リスクについては、為替予約の実施等によりヘッジをおこなっているが、すべてのリスクを回避するものではなく、業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。また、中国およびチリに子会社を設立しているが、海外進出には、①予期できない法律または規制の変更、②事業活動に不利な政治または経済要因の発生、③未整備な社会インフラによる影響、④税制等の変更、⑤戦争、テロ、デモ行為、伝染病、その他の要因による社会的混乱などのリスクが内在しており、これらは業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

④原材料の確保

安全で良質な原料を確保するために、主原料の調達にあたり、担当者が畑の管理から加工にいたるまで、現地指導をおこない履歴管理を実施している。また、数量の確保についても、産地の分散等により、対策を講じている。しかし、フルーツおよび農産加工品を原材料に使用した製品が多いため、天候および作柄に大きく影響を受け、不作が生じた場合、調達価格の上昇や供給不足をまねくリスクをはらんでおり、業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

⑤特定顧客への依存

主要販売先はキユーピー株式会社である。キユーピー株式会社から、株式会社中島董商店およびキユーピー株式会社が所有する商標を付した製品の製造の委託を受け、キユーピー株式会社は当社から商品を直接買い受けて、特約店等の第三者へ販売している。なお、キユーピー株式会社は、株式会社中島董商店との間で、株式会社中島董商店が所有する商標の使用許諾契約を締結している。 従って、株式会社中島董商店およびキユーピー株式会社は営業取引上重要な関係を有していることから、両社との関係の変化によって、業績と財政状態に影響を及ぼす可能性がある。ただし、目下のところ、両社との間で特に懸念される問題はなく、今後も安定的な営業取引を含めて良好な関係が維持されるものと考えている。

主力サービス

①アヲハタ55シリーズ

イチゴジャム、オレンジマーマレード、ブルーベリージャム、リンゴジャム、アンズジャ ム など

②アヲハタトラディショナル

オリジナルマーマレード、ビターマーマレード、ネーブルマーマレード

③アヲハタまるごと果実

いちご、白桃、あんず、ブルーベリー、マンゴー