企業名

石井食品< 2894 >

本社所在地

〒273-8601 千葉県船橋市本町2-7-17

会社情報HP

http://www.ishiifood.co.jp/

設立

1945年5月14日

上場市場

東証2部

決算

3月

業種

食品

同業他社

日本ハム<2282> エスフーズ<2292>

沿革

昭和20年
創業者で前社長石井毅一個人経営の不二電器研究所を継承した石井電気工業株式会社として発足。

昭和21年
食糧の欠乏下に東京湾の小魚類の繁殖に着目し、佃煮の製造を開始。

昭和24年
商号を石井食品株式会社に改称。

平成22年
100%子会社である石井食品関西株式会社(現・石井食品株式会社京丹波工場)、石井食品九州株式会社(現・石井食品㈱唐津工場)の2社を吸収合併。その後、100%子会社である株式会社イシイトレーディングを吸収合併。

平成24年
当社京丹波工場内に、食物アレルギー配慮食専用工場を建設。

平成25年
栗きんとんの栗の国内加工を開始。

平成26年
在宅介護食の提供を介護ステーション及び千葉県食品工業協議会と開始。

事業内容

調理済食品の製造及び販売を主とした事業活動を行っている。

事業リスク

①製品の品質評価

お客様に安心・安全な食品をお届けするために、食品衛生法及び関連法令の遵守並びにJAS法等の基準に基づいた製品の企画、開発、生産、販売を行っている。さらに、お客様サービスセンタ-に寄せられた顧客の声、店頭活動、わくわくヘルシー倶 楽部会員様からのご意見を活かし、製品やパッケージの表示、包装容器の機能等の改善に努めている。しかし、予期せぬ製品のトラブル等が発生し、当該製品や製品全体の評価が低下した場合、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

②食品の安全性

食に対する安全性を第一に考え、2013年10月に認証取得したFSSC22000を運用するとともに原材料の仕入れに関しての当社仕入れ基準を設け、規格外は仕入れない体制を確立している。しかし、鳥インフルエンザ、放射性物質汚染、水質汚染、残留農薬など様々な問題が発生している。そのようなリスクを事前に察知し顕在化する前に対処できるように取り組んでいるが、予期せぬ事態が発生した場合、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

③原材料の供給体制

当社グループは、主要原材料及び包材等について当社グループ外の企業から供給を受けております。したがって、これらの供給元企業が災害等の事由により当社グループの必要とする原材料を予定通り供給できない場合は、生産遅延、販売機会損失等が発生し、当社グループの経営成績及び財政状況に影響を及ぼす可能性があります。

④原材料価格の変動

製品は、履歴が明確で厳選された素材を原材料として使用している。これらの原材料は天候不順による品質の悪化、放射性物質汚染、農薬汚染、水質汚染や鳥インフルエンザなどによる外的要因による市場の変化により仕入れ量の確保に影響を受ける可能性がある。また、海外からの原材料においては為替の変動により影響を受ける可能性がある。このため、使用原材料の仕入先を複数にすることによる施策を講じているが、原材料価格の高騰が、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

⑤重大な訴訟等

当連結会計年度において、重要な影響を及ぼす訴訟等は提起されていない。しかし、将来、重大な訴訟等により多額の損害賠償責任等が確定した場合には、経営成績及び財政状態に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

①主食

発芽玄米小豆がゆ、麦ごはん、かぼちゃ餡 全粒粉入りパン、全粒粉の入ったレーズンパン など

②おかず

鶏だんご(常温)、ミートボール、野菜のはいったハンバーグ テリヤキ味、1.5倍チキンハンバーグ など

③調理用ソース

たまご料理の素、チンゲン菜がおいしくなるソース、キノコがおいしくなるソース など

④サラダ

ごぼうサラダ ごま入りマヨネーズ、さっぱりきんぴら風サラダ、マヨこくごぼうサラダ など

⑤非常食・ギフト・セット商品

おせち、ご贈答商品セット(お正月料理詰め合わせ、匠の技 栗きんとんなど)、非常食セット、ギフト詰め合わせ(マンゴープリン、イシイのこだわりディナーセットなど) など