企業名

オービス< 7827 >

本社所在地

〒729-0105

会社情報HP

http://www.orvis.co.jp/index.html

設立

1959年11月

上場市場

東証JQ

決算

10月

業種

その他製品

同業他社

三協フロンテア<9639>

沿革

1959年、有限会社中浜材木店(出資金1,000千円)を設立。

1962年、広島県世羅郡世羅西町(現世羅町)に製材工場を建設、コンクリート用 型枠パネル生産開始。

1968年、ニュージーランド松の製材工場建設、建築用構造材(桁)の生産開始、 プレハブ部材の生産開始。

1971年、広島県福山市に製材工場移転。プレハブハウスの完成品を販売開始。

1978年、有限会社中浜材木店を組織変更し、中浜木材株式会社(資本金 10,000千円)を設立。

2010年、兵庫県姫路市に姫路工場(木材事業)を建設。 太陽光発電システムの施工販売開始。

事業内容

梱包用材等の製造、販売、プレハブハウスの製造、販売、仮設建物等のリース、 一般建築及び太陽光発電システムの請負、カラオケハウス及びゴルフ場の運営、 不動産の賃貸及び売買を主な事業の内容としている。

事業リスク

1 借入金への依存について
資金調達は、金融機関からの借入金に依存している(当連結会計年度末借入金依 存率66.5%)。現時点では金融機関との関係は良好であり、必要資金の調達 に問題はないが、将来も引続き必要資金の調達が可能であるという確証はない。 このうち大半は固定金利によるものであるが、将来の金利変動、将来の資金調達 を含む経営環境の変化等によっては、業績及び財政状態並びにその後の事業展開 に影響を及ぼす可能性がある。

2 原材料の仕入価格、原油価格及び為替レートの変動について
主要製品のひとつである梱包用材等の原材料となる原木は、ニュージーランドか ら輸入している。原木の仕入価格は有利となるよう価格交渉に努めているが、こ の地域の政治、経済情勢及び世界的な需給関係等により影響を受けている。また 、原木は船舶で輸送しており、その燃料であるC重油の価格は原油価格とほぼ連 動している。原木仕入価格及び原油価格が上昇した場合、販売価格への転嫁にタ イムラグが生じたり、あるいは市場の状況によっては、販売価格に完全に転嫁す ることが困難な場合もある。加えて原木の輸入代金及びC重油購入代金等の決済 は、米国ドル建てで行っている。為替予約の実施により為替レート変動の影響の 軽減に努めているが、原木仕入価格、原油価格及び為替レートの変動により業績 に影響を及ぼす可能性がある。

3 原木の仕入について全量をニュージーランドから輸入していることについて

主要製品のひとつである梱包用材等の原材料となる原木は、全量をニュージーラ ンドから輸入している。同国は計画的に植林を行っており、政治的にも安定して いることから原木の供給に対する不安は極めて低いと考えており、また、他国及 び他樹種の仕入れも可能であるが、不測の事情等により同国からの輸入が困難と なった場合には、生産計画及び業績に影響を及ぼす可能性がある。

4 木材専用運搬船の保有と同船による海上輸送について
木材専用運搬船を保有しており、2002年8月の就航から現在まで、輸送手段 の安定的な確保及び輸送コスト負担軽減の面において、大きなメリットが生じて いる。しかしながら、将来的には用船相場が下落し保有コストの方が高くなる可 能性もある。また、船舶の運航に関しましては、最優先課題として安全運航に努 めておりますが、海上輸送中の不測の事故等の発生も考えられることから用船相 場及び海上輸送の状況等によっては、財政状態、生産計画及び業績に影響を及ぼ す可能性がある。

主力サービス

1 木材事業
ニュージーランドから松(ラジアータパイン)を輸入し、国内2つの工場(本社 工場及び姫路工場)において製材を行い、梱包用材、ドラム用材、土木建設仮設 用材及び木材チップ等を製造、販売している。 また、連結子会社TUI MARITIME S.A.が保有する木材運搬船により当事業が使用す る原木の輸送を行っている。

2 ハウス・エコ事業
プレハブハウスの製造、販売、仮設建物等のリース及び一般建築及び太陽光発電 システムの請負を行っている。

3 アミューズメント事業
連結子会社株式会社パルにて、カラオケハウス11店舗及びゴルフ場1ヶ所の運 営を行っている。

4 不動産事業
不動産の賃貸及び売買を行っている。