企業名

アールシーコア< 7837 >

本社所在地

〒150-0045

会社情報HP

http://www.rccore.co.jp/

設立

1985年8月

上場市場

東証JQ

決算

3月

業種

その他製品

同業他社

大和ハウス<1925>

沿革

1985年、企画コンサルティング業務を主目的として、東京都豊島区東池袋に株式 会社アールシーコアを設立。

1986年、個性的な住空間の創出、提供を目的としたビッグフット事業を開始。 「ハンドヒューンログハウス」の輸入・販売を開始。 1987年、本店を東京都千代田区西神田へ移転。

1989年、アメリカ ティンバーライン社と「ドームハウス」の技術契約を締結し 、輸入・販売を開始。 ビッグフット販売代理店制度を開始。

2010年、「あきつログハウス」を開発、販売開始。 2011年、BP社が岐阜地区において営業開始。

2012年、中古住宅リノベーション「NEWIT」販売開始。 住宅新築工事請負契約にエスクロー制度導入。

2013年、2箇所目の直営拠点として「BESS藤沢展示場」を神奈川県藤沢市に 開設。 BESS特約店制度を廃止。

事業内容

日本国内においてはログハウスをはじめとする自然派個性住宅(BESS企画型 住宅)モデルの企画、開発、設計を行っており、カントリーログハウスについて はBFM社で製造されたログシェルを輸入しそれ以外のモデルについては直接仕 入を行っている。
また、国内販売については、顧客(エンドユーザー)向けには、自社にて東京圏 、BP社が札幌と岐阜地区を担当し、BESS単独の住宅展示場を拠点としてロ グハウス等のキット販売及び工事請負を行っている。また、国内各地の地区販社 向けには、ログハウス等のキット販売を行っている。 国外の顧客(主として北米)に対しては、ログハウス等のキット販売をBFM社 が行っている。

事業リスク

1 経済環境、金利動向等
主たる顧客は一般個人であることから、雇用情勢、地価の推移、金利の動向及び 住宅税制の変更等の影響を受けやすい傾向がある。開業当初、経済的に比較的余 裕のある層を対象とした別荘が主であり、このような影響を受けにくい面があっ たが、近年、自宅用途の比率が高まっているため、諸情勢が悪化した場合には、 業績及び財政状態に影響を与える可能性がある。

2 為替変動
カナダ、フィンランドから主要な住宅部材を輸入しているため、為替変動による 影響を受けている。為替予約等のリスクヘッジ策を講じているものの、その動向 は不透明であり、予想を上回る為替変動が生じた場合には、業績及び財政状態に 影響を与える可能性がある。

3 原材料市況等の変動
主要な原材料である木材は天然資源であり、市場価格の変動が仕入価格に波及す る点は避けがたい状況にある。また、負担する輸入コストについては、原油価格 の高騰やコンテナ需給の逼迫等によって上昇することがある。これらの原材料市 況等に予想を上回る変動が生じた場合には、業績及び財政状態に影響を与える可 能性がある。

4 BESS事業への依
ブランド名称「BESS」を使用し、ログハウスに代表される自然材(無垢材) を多用した住宅の販売及び施工事業(BESS事業)を展開している。現在 、BESS事業に経営資源のほとんどを投入しており、BESS事業に依存して いる。BESS事業は、「こころを遊ばせる暮らしを求めるユーザー」に対して 、その道具としてふさわしい「自然派個性住宅」を商品として提供するビジネス であり、その事業コンセプトは流行に左右されない普遍性があると考えており、 今後も主力事業として販売等の拡大を図っていく方針である。しかしながら、一 般住宅との競合や市場環境の急激な変化等、不測の事態が生じ、販売拡大に支障 を来たした場合、業績及び財政状態に影響を与える可能性がある。

5 地区販社への依存
国内販売体制は、ログハウス等のキット販売及びログハウス等の工事請負を顧客 に対して直接行う直販部門と、ログハウス等のキット販売及び販促物の販売等を 地区販社に対して行う販社部門から構成されており、販社部門はフランチャイズ 契約に基づき、全国29道府県に26社(BP社含む)37拠点(BP社の2拠 点含む)の地区販社を展開している。売上高に占める販社部門の割合は 60.7%(平成26年3月期)に達しており、今後も全国に地区販社の営業拠 点を増やす計画である。地区販社に対しては、マーケティング活動に主眼を置い た顧客創造のためのフランチャイズシステムを導入し、営業戦略に基づくきめ細 かな指導育成を行っている。しかしながら、地域経済の動向や地区販社の業績悪 化等により主要な地区販社が経営不振に陥った場合、又は複数の有力な地区販社 が同時期に離脱した場合には、業績及び財政状態に影響を与える可能性がある。

主力サービス

1 住宅
住宅事業の商品には、新築商品とリノベーション商品がある。これらの商品はロ グハウスに代表される自然材(無垢材)を多用しており、これらを工場生産され るプレハブ住宅に代表されるような一般住宅との対比を念頭に「自然派個性住宅 」と総称している。空間を構成する素材として自然材、特に木材に着目し、積極 的に利用している。樹木が人間生活に様々な効果を及ぼすことは広く知られてい るが、商品に込めるぬくもりやリラックスを具現化する上でも木材は最適の素材 であり、商品群における大きな特徴になっている。

2 タイムシェア
別荘タイムシェアの販売及び運営管理を行う事業として、タイムシェア事業を直 販部門において展開している。「フェザント別荘オーナー制度」は、BESSの 自然派個性住宅を希望の1週間単位で購入することにより、手頃な価格で、別荘 オーナーになれる新しい別荘所有のシステムである。また、利用権方式の「別荘 メンバー制度」では、10年、15年、20年の3タイプの商品を販売している 。