2015年為替予想…アベノミクス政策と米国経済がカギ!


2015年も円安・ドル高の流れは変わらずか…

2014年は年後半で円安・ドル高が急激に進んだ一年だった。2015年の為替展望を考える前にまずは2014年の相場を簡単に振り返ってみたい。

2014年の前半は大きな動きはなく、100円台前半で推移していた。堅調な米国の景気を背景に夏ごろから次第に円安・ドル高に振れはじめ、110円で落ち着きを取り戻そうとした際に、10月31日に日銀による金融追加緩和策の発表が行われた。これにより株高・円安に加速がつくこととなった。その後、第47回衆議院選挙で自民党が大勝し、円安・ドル高の大きな流れは変っていない。なお、円の下落率は、世界でもロシアのルーブルの下落率に次ぐ2番目となっている。


2015年の為替相場見通し

2015年の為替の行方はどうなるのだろうか。話題は米国の「利上げ」となるだろう。米国経済は非常に好調で今後もまだまだ継続すると予想されている。そこで、これまで実施されてこなかった利上げがそろそろあるのではと予想する向きが多い。いつ利上げが実施されるかは不明であるが、2015年の半ばから後半にかけて実施されそうだ。米国はこれまで10年にわたり利上げを実施してこなかった。今回実施されるとすれば、市場に与えるインパクトは相当大きなものとなる。米国はこの利上げを乗り越えていけるかによって米国の景気が落ち込むか、堅調に推移していくかが決まってきそうだ。


米国経済の行方次第…利上げ実施で円安・ドル高の流れ決定的

米国経済の行方次第ではあるが、米国の利上げにより景気が堅調に推移していけば、円安・ドル高の流れは継続されるものと推測される。むしろ、これまでは米国金利に変動がない中で円安・ドル高が進行していたが、米国で利上げが実施されるならば、円安・ドル高の流れは決定的なものとなってきそうだ。

国内におけるイベントは、4月に統一地方選挙、9月には自民党総裁選が控えている。第47回衆議院選挙と異なりこれらは予定されている選挙であるため、大きな番狂わせはないだろう。安倍晋三首相の経済対策であるアベノミクスの対策が争点となることが予想され、ここで政権交代等が生じれば、為替相場も大きく振れそうではある。