企業名

アゴーラ・ホスピタリティー・グループ< 9704 >

本社所在地

〒105-0001東京都港区虎ノ門5-2-6虎ノ門第2ワイコービル

会社情報HP

http://www.agorahospitalities.com/

設立

1948年03月

上場市場

東証1部

決算

12月

業種

サービス業

同業他社

ウィザス<9696> 西尾レントオール<9699> 東京會舘<9701>

沿革

1948年
3月 さくら観光株式会社として創立、宿泊事業を開業

1949年
5月 東京証券取引所市場第一部に上場

2012年
5月 商号を株式会社アゴーラ・ホスピタリティー・グループと変更

事業内容

宿泊事業 国内不動産投資事業 海外不動産投資事業

事業リスク

①経営環境の変化について グループの国内における主たる事業は、ホテル事業を中核とする宿泊事業とマンションの賃貸を中心とする住宅等不動産開発事業のため、多様化する顧客ニーズに的確に応えられる企業体質を目指すことにより投資の効率化と収益の向上に努めているが、宿泊事業は、景気動向・経済情勢、天候等の影響、住宅等不動産開発事業は、賃貸物件の需給バランスや市況動向等により、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。 ②災害・事故におけるリスクについて グループの宿泊事業については、大規模地震・火災など自然災害・事故等により国内事業所の営業継続に影響を及ぼす可能性がある。 ③減損会計の適用について 地価の動向及び対象となる固定資産の収益状況により、グループの業績に影響を及ぼす可能性がある。 ④為替変動に係るリスク グループは、海外での事業を現地通貨建で取引しているため、大幅な為替相場の変動があった場合は、の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。 ⑤株価変動に係るリスク グループは、証券投資事業を営んでいるため、グループに悪影響を及ぼす市場動向や急激な変動がみられた場合は、の業績及び財務状況に影響を及ぼす可能性がある。

主力サービス

宿泊86%、住宅等不動産開発4%、霊園9%、証券投資1%